FC2ブログ

高一男子の憂い1

1.母性が感じられる穏やかそうな少女 に声を掛けた。


「あ、あのっ!」

「……あら、私?」

「は、はい、え……えっとぉ~」

あっ……何を言うべきか考えていなかった!

なんて言えばいいんだろ、えっと、えっと……

「うふふ、もしかしてあなた新一年生?」

僕がオロオロしていると、その女の先輩は手を差し伸べてそう言った。

「あ、はい!僕、えっと……」

「部活が決まらなくて困ってるのかしら?」

背の高い先輩は身をぐっと屈め、僕の顔を覗いてくる。

ふわ、と花のような女の子のいい匂いがする……

大きな胸がぎゅって強調されて、制服の間から覗いて……

う、うわあ……すごい……

「ふふ、可愛い……♪」

「え、えと、そのぉ……」

耳元で甘く囁かれ、ゾクッと身をよじらせてしまう。

人見知りがちな僕は、顔を真っ赤にして目を逸らすしか無かった。

「……キミ、私と同じ部活に入ってみない?」

「あ、う……何の、部活なんでしょうか?」

「ふふふ、水泳部よ♪」

「……!」

「私、水泳部の部長なの……どうかしら?」

水泳部……

運動部かぁ……

でもでも、この先輩の水着姿が見られる……!

「ね、入ってみない……?」

「え~っとぉ……」

すると先輩は僕の背後に回り、優しく肩に手をのせてきた。

そのまましなやかに指を滑らせると、乳首をシャツ越しに触れ……

「ひぅっ……!」

「あら、ふふ……敏感なのね……」

「あ、あのっ……!」

先輩の髪が、僕の視界を遮る。

暗闇のなかで、指が乳首をクニクニと漁られ続ける。

あっ……背中に何か当たってる……

先輩の大きな胸が、むにゅりと形を変えて、僕の背中に密着してる……

先輩に僕の身体、ぜんぶ包まれちゃってる……!

胸がドキドキいって、全身震えて、僕は、ぼくは―――

「はあ、はあ、はあっ……!」

「ねっ……水泳部……入りましょ?」

「うぅ~……」

むにゅう……

お、おっぱいに、背中が舐めまわされちゃってるぅ……!

こんなこと……いけないよお……!

「ふあ、あああ~……」

「お姉さんがキミのこと……包みこんで、可愛がってあげちゃいますよ……」

「……あっ!」

僕の両乳首を、先輩の親指と中指がぐにっと捕まえた。

その上から逃げられなくなった乳首を、人差し指がスリスリスリと這い回る……

「ふふふ……固ぁい……♪」

スリスリ……クニクニ……

未知の快感に、僕はただ身を戦慄かせるばかりで……

大きくて柔らかい、先輩のカラダに包まれて……

「あっ……あうっ……!」

もっと包まれちゃいたい……もっと抱いて、僕の乳首、いじめてぇ……!

……先輩、先輩、センパイっ―――!!

「ほら……入部届けに名前、書こ……?」

「ああっ……!か、書きますぅ!……ぼく、水泳部、入りますっ!」

「ふふっ……イイ子ね、ボク……」

優しく微笑む先輩。

なんて美しいお姿なんだろう……

先輩が僕の頭を撫で撫でしてくれる。

「じゃ、こっちにおいで♪」

腕を引かれるがまま、僕はその先輩の後についていった……





―――そこには、大勢の水着に着替えた男子生徒がズラリ、と並んでいた。

今日は初めての水泳部の練習。

なのに、始めて見る子たちばっかりだった。

どうやら同じクラスの子もかなりいるみたい……

こんなにたくさん、男子ばっかり?

この学園は最近まで女子校だったし、男子の生徒数ってそんな多くないのに……


「は~い!みんな来てるかな~?」

競泳水着姿で登場した女の先輩たちが、お茶目にウインクを投げかけた。

「ふふっ♪新入生のみんな~!私たち、水泳部に来てくれてありがとうっ」

ショートカットで明るい感じの、可愛らしい先輩が、僕たちに改めて歓迎の言葉を送る。

ピョンピョン弾むたび、大きな胸が上下にとび跳ねる。その迫力に僕たちはドキリとしてしまう。

「ゴクリ……」

い、いやダメだダメだ!こんな気持ち!

真面目に部活をやって、僕はここでセイシュンを手に入れるんだ!

でも、すごい……

みんな、はち切れんばかりの巨大なおっぱいが、競泳水着にしめつけられて……

形を変えて揺れ動く、いやらしい、先輩のおっぱい……

あんなおっぱいに包まれちゃったら、僕はどうなっちゃうんだろう……?

僕たち男子は、鼻息も荒く、先輩たちの胸に釘付けにされてしまっていた。

「……っ!」

やばい、ペニスが膨らんできちゃ……!

こんな女子の前で勃起した姿を見せるなんて、絶対あっちゃだめだ。

しかも水着を着ているから、もし勃ってしまったら一発で見つかってしまう……!

他の男子たちもそうなのか、僕もまた前かがみになりながら、気をそらそうとしてソワソワしていた。

でもいくら誤魔化そうとしても、周りは既に女子部員だらけ。

中学とは違う、大人の身体に水着を纏った、女子たちのえっちな姿しか目に入ってこない。

……クスクス……

どこからか、笑い声が聞こえてくる……

も、もしかして……僕たち男子が必死になって、勃起を隠しているのが笑われてる……?うぅ、恥ずかしいよぉ……!

「……ふふ、皆さんお揃いのようですね」

「あっイズミ部長!」

「ごめんなさいナツ、待たせちゃった?」

あ……僕を水泳部に勧誘してきた、水泳部の部長だ!

光沢のある競泳水着が、パンパンに張り詰めておおきな胸にピッチリと張り付いてる。

白くて美しい肌と、ツヤツヤの黒い水着とのコントラスト。

そこに乳首がくっきり浮き出て……はあぁ……先輩、すごくエッチだ……

こんなコト、考えちゃいけないのに……

「はぁっ……あ、くぅっ……!」

僕は痛いほどギンギンに張り詰めた股間を、背を丸くしながらなんとか抑えようと踏ん張っていた。

あうぅ……収まれ、収まってえ……!

どうしよう、こんなんじゃ、水泳どころじゃないよ……!

「男子の皆さん、どうなさいました?……ふふ、なんだか調子が悪そうなご様子ですが」

クスクス笑いながら、イズミ先輩はあたりを見渡した。

イズミ先輩にだけは、絶対こんなのバレたくない……!

「……まあいいでしょう。それでは一年生の皆さん、これから水泳部員になって頂くための儀式を始めます」

「へ……?儀式?」

唖然とする間もなく、僕たちは女子の先輩たちにグルリとその場で囲まれていた。

「は~い、じゃあ男子捕まえて~♪」

「「「は~い♪」」」

ガシッ!!

えっ……?

背後に回った女の先輩たちが、僕たち新入生の男子を背中から覆うように拘束する。

大きな胸が僕の顔をむにゅっと挟むと、背中にピッタリと吸い付くような水着のカンショクが……

……って、なに、何でこんなこと……!

「ふふ、逃げられないでしょ……?」

ぎゅむっ……

「あうぅっ……なっ、何して……!」

いくら逃げようともがこうが、年上の先輩に後ろから羽交い絞めにされては、どうしようもなかった。

それに、柔らかな、蕩けるような、女性に全身を包まれるココチよさ……

「胸、当たっちゃってるかな?クス……やだ~、照れてるの?」

「ちょっ、ちょっと……やめて下さいよぉ~!」

「な~に?ホントは嬉しいんじゃないの~?ふふ……♪ほ~ら、ほ~ら♪」

「ふあ、あ、あっ~……」

こうも後ろ髪をひかれるような快楽に襲われて、僕はもはや抵抗出来ようがなかった。

「あらら、お口きけなくなっちゃって……可愛いわね♪」

―――既にして、僕たち一年生の男子はみんな、色気に満ちた女の先輩の身体に、屈服してしまっていた……



そうしている間に、残りの先輩たちが、僕らの前に一人ずつ立った。

そこでイズミ先輩が命じる。

「……はい、それでは腰を突き出させてみましょうか?」

「は~い♪」

……っ!?そんなっ!

やばい、このままじゃあ勃起しているのを見られちゃう……!!

なんでこんなコトさせるの、イズミ先輩っ―――

「ちょ、離して下さいっ!」

「キャッ!」

ドサッ!

なす術もなく、先輩たちの腕の中でぶら下がっていた僕ら男子の中……一人だけ、列から勢いよく飛び出してきた。

「た、タっちゃん!」

「……あっ!」

タっちゃん……サッカー部に入部するはずだったタっちゃんが、なんでここに…?!

タっちゃんは驚いたように一瞬こちらを見、そしてイズミ部長に向かって叫んだ。

「部長、なんでこんなことするんですか!儀式っていったい……!」

「……ナツ。」

「ラジャーッ!」

イズミ部長が目配せすると、ナツ先輩が横からタっちゃんに向かって急に飛び掛った。

「うわっ!!」

あっけなくタっちゃんは床に転がされると、そのままうつ伏せで組み伏せられてしまう。

「も~♪逃げたらだめでしょぉ~?」

「くっ……離しっ……!」

「ほ~ら、たかいたか~い♪」

もがき暴れるタっちゃんの身体を、一回り大きなナツ先輩が、糸もたやすく抱え込んで持ち上げる。

するとタっちゃんはもう、ナツ先輩の身体に包まれて、だらりとぶら下げられてしまった……

「ふふふ、元気がいいですね♪……あなたには、男子代表になってもらいましょうか」

「は、離して、くださいよっ!」

「こ~ら、暴れないの♪ほらぁ……ぎゅう~♪おっぱい漬けにしちゃうぞぉ~♪」

「う、あ……!」

年上の女性の巨大なカラダ、巨大な胸に押しつぶされて、完全に見えなくなるタっちゃんの頭。

「あはは♪男の子は、おっぱい大好きなんだもんねぇ~?え~いっ♪」

「ん……ぶっ……!」

ぐいいっ……

腰をナツ先輩が突き出させる。

それに合わせて、タっちゃんの腰も限界までエビゾリ状態に……

「あっ~!!やめっ……!!」

「「……キャ~~~♪」」

「あっ……!!」

ペニスがビンビンに自己主張して、水着に大きなテントが出来てる……!

タっちゃんは女子たちのいる前で、下半身剥き出しの恥ずかしい姿を晒されてしまった。

「あらあら……今年の一年生は、本当に活きがいいんですね……♪」

イズミ先輩がその指で、スルリ、と出来上がった股間をなで上げる。

「うああんっ……!!」

競泳水着にくっきりペニスの形を浮かび上がらせたタっちゃんが、まるで女の子のようにビクビクと悶絶する……

「あはは、可愛い~♪ちんちんがピクッてしちゃった♪」

「……ほら、皆さんも……♪」

グイイィッ……

「え……わあっ!!」

一列に先輩たち捕まえられた僕たちも、タっちゃんのように腰を突き出させられてしまった。

みな一様に反り返った勃起ペニスを、公の場に曝してしまう。

「あら……ふふ、恥ずかしい~♪」

旗をいっせいに掲げるように、僕たちの張り詰めた股間のテントが……ううぅ……!!

「み、みないでぇ……!!」

「なあに?こんな体勢にさせられて、大きくしちゃったの……?クスッ……」

「ムリヤリ股間を突き出させらて、じっと私たちに見られちゃってるのに……悔しくないのかしら?」

「う、ううぅ……」

「女の子相手に、力で負けるはずないのに……えっちなコト考えちゃって、なすがままにされちゃうのよね?ふふ……可愛い子♪」

羞恥で顔を真っ赤にして俯く僕たち。その脇でクスクスと笑う女の先輩方。

涙目になりながらも、僕たちはこの屈辱から、もはや逃げたいなんて考えては居なかったのかも―――


「それでは新人さんたちを迎える儀式をしましょう。皆さん、準備はいいですか?」

「は~い♪」

僕たちの前に、女子の先輩たちがしゃがむ。

その手には……なぜか剃刀がしっかりと握られている。

身体をぎゅうぎゅうと拘束されて、僕たち男子は顔を女子の胸の中にうずめさせられていた。

「な、何を……」

おっぱいの中、震える声でたずねる僕に、先輩がにっこりと微笑む。

「あら、こんなにビクビクさせちゃって……えっち♪」

「く、うぅ~……っ!」

股間に、先輩の顔が、近い……!

見られてる……女の子に僕の大きくなったとこ、まじまじと見られちゃってるよぉ~…!!

「ふふ、じゃあ、直に見せてもらうかなっ?」

「だめ、だめぇ……」

ぐいぃぃっ……

「あ、ああぁっ!」

先輩の手が僕の水着にするっと入り込むと、そのままズルリと引きおろした。

真上にピン、とそそり立つペニスが、白昼の下に晒されてしまう―――

「あら……♪すごい、おっきい~♪」

「やだ、やだぁ~!」

「あ、こら、暴れないのっ!もう……ホントにエッチなんだね。君も、君のココも……」

ちょんっ

「ああぁんっ……!!?」

「あはは、身体がお魚みたいに引きつっちゃってるぅ~♪……ほらほら、もっと頭、胸に埋めなさい?」

「うわ~すごっ……この子の頭、おっぱいで見えなくなっちゃった……」

「うむうぅぅ……~っ!!」

もがけばもがくほど、頭も身体全身も、先輩のナカに埋もれていっちゃう……!!

ムチムチした先輩の胸や太ももに、食べられちゃうよぉ……っ!

出して、ここから出してぇ……!

「は~い……準備かんりょうっと♪じゃあ、おちんちん横にどけるね~」

「むがっ……!」

ひやりとした感触が、ペニスの先に伝わる……

「ちんちんの皮、すご~い伸びるぅ~♪あははっ、子供おちんちんはやっぱり可愛いね~♪」

「あら、でも毛はちゃんと生えてるのね……おちんちんは赤ちゃんみたいなのに、ませてるわね?」

「ふ、ふうぅん……っ!!」

恥ずかしさのあまり、頭が熱に浮かされたようにボウッとしてきた……

なんで僕が、こんな恥ずかしいことされないといけないの……!

「は~い、じゃあクリーム塗りましょうね♪ぬりぬり~♪」

「ふぐぅっ……!?」

「おちんちんの周り全体に……こう、かな?あ、おちんちんが皮の中でブルッてした♪」

「やだぁ……みょーんってちんちんの皮伸ばされて、興奮しちゃったのかしら?……ねぇ、どうなの?」

むにむに……

「う、うぅんっ……」

「あはっ♪爪先がビクビクって♪ほ~ら、早く済ませちゃうんだから、ね?」

「じゃあ、今から君のこの生え揃った陰毛……剃りあげちゃいま~すっ」

「ん……!?んぐうう~~っ!!」

だめ、だめぇ~……!!

「こ~ら、暴れないのっ」

「子供おちんちんには毛なんて似合わないでしょ……?ぜ~んぶ剃って、ツルツルにしてあげるからね♪」

「ちゃ~んと汚い毛を剃って、かっこいい水泳部員になろうね?」

「ん、んっ……!!」

「ほ・らっ♪」

ショリ…………

テイモウ


「―――っ!」

ヘソの下にあてがわれた刃が、スウッと足の方へなぞっていく。

じょりじょりとした音といっしょに、陰毛が剃られていってる……!

「おぉ~、結構キレイに剃れるんだねっ」

「太ももがガクガクいってるわよ……大事なトコロの毛、女の子に剃られて恥ずかしいのかしら……?」

「……それとも、もしかして感じちゃってるのかな?ふふ、変態さんなの……?」

「ふ~っ……ふぅ~っ!!」

「もう、動かないのっ 危ないでしょ~?」

「悪い子は、ちんちんの毛いないいないして、情けないおちんちんにしちゃう刑ですからね~♪」

「ふ、ふぅうぅ……んっ……!」

「ほ~ら、ジョリジョリ♪きれいな赤ちゃんおちんちんになろうね~?」

しょりっ……しょりっ…………

「んっ―――!!」

僕の下っ腹を、剃刀の刃が上下にスッスッとなぞる感覚が襲うたびに、

背筋がのけぞるように、ゾクゾクとしたヘンな気持ちが湧きあがってくるみたい……

「タマタマの脇も剃ってあげるからね~♪ほれほれ♪」

「ちんちんの皮がいっぱい余ってるから、持ちやすいわね……ふふっ♪」

「くっ……ふぅんっ……」

「あら、鼻息が荒いわよ?それになんだかおちんちん、さっきより大きく膨らませてるんじゃないかしら……?」

「あはっ♪自分の毛が剃られてるところ見て、興奮しちゃったの?それとも……悔しいのかなぁ♪」

しょりっ……しょりっ……

「んっ、うぅぅっ~~……!!」

ドクン、ドクン、と身体が熱く、疼いて痙攣していくのがわかった。

恥ずかしくて、悔しいのに……!

「せっかく生え揃ったおちんちんの毛、一つ上のお姉さん達に剃り取られちゃって可哀想ね……」

「キミが水泳部に入ったら、いっつも私たちがこのおちんちん、ツルツルにしてあげるからねぇ~♪」

なんでだろう……センパイ達の声を聞きながら、ピタッとした肌に吸いつくような競泳水着の感触を全身に密着させられながら……

陰毛を剃られるカンカクが、しょりっ、と音をたてて襲ってくるたびに、本当にヘンな感じになって―――

「ほら、ちゃんと見てごらん?君のおちんちん、可愛くなっちゃってるよ♪」

「はぁ、んっ……!はあぅっ……!!」

だめ……っ!なんか、ヘン、漏れちゃう……!なんか漏れちゃうっ!!

「は~い、これで……」

しょりっ……しょりっ……

「だっ……ん、んっ……!ふうぅ……っ!」

「……あら、どうしたの?なんだか大人しくなっちゃって」

「よぅし、こ・れ・で……ハイ、つるつるおちんちんの完成~っ!」

しょりっ……

「んっ……ああぁあぁあぁ~~~んっ!!!!」

テイモウ2


ドピュッ……ドプゥッ……ドピュゥッ…………!!

「きゃっ!!」

「ふあ、あ、あぁぁんっ……!」

……あ、出ちゃってるぅ……!!

女の子たちの前で、みんなの前で……射精、しちゃってるよぉ……っ!!

「あら……剃毛されただけで、漏らしちゃったの……?」

「やっ……この子、おっぱいの中で身体ビクンビクンさせてるっ……!」

「んっ、ん、ああんっ!」

ふ、あぁん……!気持ちいい……っ気持ちいいよおっ……!! 

「やだちょっと、この子出しすぎっ……お漏らし止まらないじゃない……」

「う、うっ~~……!!」

ドプッ……ドプッ……!


「はぁ、はぁっ……!」

センパイの拘束が解けると、腰砕けになった僕は、そのままうつ伏せになるように倒れこんだ。

ガクガクする足腰を抑えつけながら、上を仰ぎ見る……

「う、あうぅぅ~~っ……!!」

ドサッ!

「―――ッ!」

なんとそこには……僕と同じように、射精してしまい、身悶えるタっちゃんの姿があった。




「あはははっ♪チン毛剃られただけで、お漏らししちゃった恥ずかしい子が二人もいるぅ~♪」

「うふ……ちょうどいいですね。これから皆さんに、一年生の男の子を教育するコツを教えましょう。」

イズミ先輩の声が頭上から聞こえてくると、僕の脇が誰かに抱えあげられていた。

「ふえっ、イズミセンパイ……?!」

「ふふ、大丈夫よ?ちょっとだけ、私にこの身体……貸して下さいね」

「あっ……!」

イズミセンパイの大きな胸が、ぷにって背中にくっついてる……

ゾクッと耳元でささやかれ、抱きかかえられてしまった僕は……その場でイズミセンパイの操り人形のように、身も心も委ねてしまった。

「いい子ですね……可愛い♪」

「ふあぁ~……っ!!」

あぁ、センパイのいい匂い……あのイズミセンパイが、僕の身体を抱きしめてくれてる……柔らかくて、気持ちいいよぉ……!

それだけで僕は、下半身がじんわりして……また、射精してしまいそうになってる……っ

隣では、同じようにタっちゃんが、ナツ先輩に力なく抱えあげられていた。

「いいですか、女子の皆さん。新人の男子さん達は、よく口で言ってきかせてもわからない時があります。そういう時は、こうやって……」

「あ、あっ……!」

「やめ、あっ~~……!」

31.jpg



僕とタっちゃんは、後ろからセンパイに、両足をひざ裏でロックされ、両腕を脇で挟みこまれて身動きを取れなくされてしまった。

「このように腕と足を封じて、動けないようにしてあげましょう。」

僕たち二人は胴体だけ、しかも股間を強調させられるようにして、水泳部みんなから張り付けの見せしめにされる格好になってしまう……

「……これでもわんぱくな子は暴れる時がありますので、そういう時は、こうして……」

「や……あぁんっ!!」

「両手でペニスを触ってみましょう。片手でこのように、玉袋をもみながら、もう一方の手でペニスの先をこねまわします。」

「あ、あ、ああっ……!」

センパイのひんやりとして柔らかな白い手が、僕のペニスと睾丸を包んでる……!

あ、ちんちんの先弱いから、だめえ……こねこねしないでぇ……っ!

「ちょっ、だめ、ああうっ……!!」

「ふふ……このようにしてあげると、可愛い声をあげて媚びてきますが……けっして甘やかしてはいけません。」

クニクニ……クニクニ……

「はあっ……あああぁ~……!」

「……喘ぎ声出しちゃって……お友達みんなに見られてるのに、そんな風に悶えていてもいいんですか……?」

もみっ……もみっ……

「あぁ、ひいぃっ……」

「……涎、垂れてますよ……?かっこわるいお顔。女子にはがいじめにされて、おちんぽの躾けまでされて……恥ずかしくないの?」

「あ、あっ……あああぁあぁ~~……!!!」

クチュクチュ……クチュクチュ…………

「はい。こうしながら耳元でいじめてあげていると、男子はペニスの先からカウパー液を分泌し、もっと女の子に快楽を求めてきます……ので、こうして亀頭の先に汁を塗って……」

「あうぅっ!そこ、ダメぇえっ~~……!」

「この状態で、両手で挟んで竿を強く上下に擦り上げてみましょう。すると、」

ぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅ……!ぐちゅぅっ!ぐちゅっぐちゅっぐちゅっ……!

「ふが、あっ、あく、ぐうぅぅ~っ!!」

「あっ、あっ、あっ……!!」

「亀頭の先がパンパンに腫れあがり、全身が引きつってきます。この状態で、亀頭だけを責めるように……手のひらで円を描くように擦り続けましょう。」

くちゅくちゅくちゅくちゅ、くちゅくちゅくちゅくちゅっ……

「―――っ!!」

「あっ!!あがああああっ!!!だめ、だめだめだめえぇえ~~っ……!!」

「うふふ……♪ご覧のように、男の子にとって、射精寸前の亀頭の先は弱点なのです。」

くちゅくちゅくちゅくちゅ、くちゅくちゅくちゅくちゅっ……

い、息が出来ない……!ペニスが、イズミセンパイの手に捕まって、弄られて……頭がおかしくなりそう……!

「手のひらで軽く擦るだけで、全身もがき苦しむほど暴れるなんて、男の子って可愛いですよね♪……この状態になったら、躾けてほしいという合図です。」

「はっ、はっ、はぁっ!!やぁ、ああぁぁぁあぁ~~~!!!」

「射精したいのに、射精できずに腰が跳ねあがってしまいます。こうなると、男子はなんでも女子のいうことを聞くようになります……たとえば、」

「あっ、あぁあぁぁ~~ん……っ!!!」

ピタリ、とイズミセンパイの手の平の動きが止む。

「……射精、したい?白いおしっこ、私の手の中で、ぴゅぴゅぅ~ってお漏らししたいですか……?」

「はぁ、はぁっ、はいぃ~っ……出したいよぉ~っ!……んっ……」

「クスッ……では、この水泳部と、そして私のために何でもするって約束して……?一年生の男子み~んなを水泳部に勧誘して、私たちの仲間を増やして……?」

「んふっ、はぁっ、はあぁうっ……!!」

「ね……?この可愛いちんぽ……私の手で思い切り、ぐちゃぐちゃにシゴいて、玉袋の中ぜぇんぶお漏らしさせてあげますよ……?」

くちゅくちゅくちゅくちゅっ……!

「や、あぁんっ!あ、あっ……!!」

「ほら……ほらっ……♪」

「ふああああぁぁっ~~~!いうこと、聞く、聞きますぅ……!あんっ、だからぁ……っ!!」

「……本当ですか?ん?」

くちゅくちゅっ……

「あっ、あ”ぁっ!!ほんと、ホントぉぁぁっ!!」

「はい、わかりました。……こうして言質が取れたら、男の子を射精させましょう。こうして、片手で竿を軽く上下してあげるだけで、簡単に射精させることが出来ます……ほら」

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ……っ!!!

「い、んやあ、ああぁぁぁんっ!!きもち、気持ちいいよおぉぉっ~~~~……!」

「ふふ、身もだえして、涙までして喜んじゃって……♪」

「あんっ、あんっ、あぁぁんっ……!好き、イズミセンパイ好きぃいいっ……」

「あらあら……私のこと好きだなんて、おませさんですね♪ほら、いいからお漏らししちゃいなさい?……見ててあげる」

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ……っ!!!

「ほら……ちゃんとあなたのちんぽが、私の手の中でイジめられて、お汁まみれになってるとこ見て?ふふ……♪」

「い、はぁっ!!あああぁぁ~~~っ!!も、だめぇえええぇ~~~!!」

「うふっ♪いい頃合いのようですね。ナツの方も……では、射精させますよ?……はい、どうぞ」

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ……ぐちゅぐちゅぐちゅっ……ギュウゥウウゥ……ッ!!

「「ああぁぁぁぁあぁぁぁっ~~~~~~~!!!!」」

32.jpg


ドピュッ……ドピュッ、ドプッ……ドプゥウッ……!

「……はい、射精が始まりました。このとき、きちんともう片方の手で、玉袋を上に押し上げて、精液をペニスへ揉み出してあげましょうね♪」

もみ、もみっ……ぐちゅっ、ぐっちゅぐっちゅ……

「こうして、玉を下から上へ……精液を送りだすように……♪」

「あ、あ、あっ……」

ドピュッ……ドプッ……ドプッ……!!

「……またいっぱい漏らして……恥ずかしい子ですね……」

―――どこからか、イズミセンパイが囁いた気がした。

「あっ、あっ……」

「でも、そんなあなたが好き、ですよ……これからも水泳部、頑張ってくれる……?」

「…………は、い…………」

「ふふ、嬉しい……可愛い子……♪」

ドピュッ……ドピュッ……

―――センパイの花のような残り香を嗅ぎながら……僕は、無意識の波にのまれていった。







桜の花びらが舞い踊る頃、俺は初めての学び舎へと足を進めていた。

ぽっかりと大きな口を開けた校門に、たくさんの学生が吸いこまれては消える……

どこまでも続くような坂道に、俺はふと足をとめた。

俺のサッカーは、とこまで通用するんだろう……

自分にはこれしかない、そしてこれからも……本当に、このままで―――

……そんな俺の肩を、一人の女子生徒が叩いた。

「ねえキミ……水泳部に興味、ない?」

俺は答える。

「俺……俺は、―――」



1.end

高一男子の憂い0

無骨なアスファルト一面を、無数の紅い桜の花びらが支配していた。

どこからか、ゴーンと穏やかな鐘の音が聞こえてくる。

見慣れぬ真新しい建物に囲まれて、マナブはうっとりと吐息を漏らした。

ポケットの握りこぶしに込めた期待は、確信に変わった。

「この高校で、僕は―――」

くっと澄んだ空を見上げる。

マナブは校門に足を踏みいれると、徐々に早歩きになる足を、もう抑えることが出来なかった―――




「……はあ~」

新一年生の部活紹介が一通り終わったあとのことだ。

僕は廊下を戻りながらため息をついていた。

学園での新生活について(主に学業)の諸注意。大勢の見知らぬ人だかり。部活のこと。

いっぱいの”新しい”が襲ってきた。

床のタイルを縫うように歩きながら、僕は少し疲れかけていた。

―――そんな僕の肩を叩いたのは、なんと悪がき時代を共に過ごした友だちだった。

「おわ、マナブじゃねえか!お前もこの学校だったのか!」

「タっちゃん!え、ほんと?すごい!!」

タっちゃんも受験戦争を勝ち抜いて、この学園にやってきたのだ。

身体はずいぶんと大きくなったが、笑顔は昔の頃そのままだった。

「ね、タっちゃんは何部に入るか決めた?」

「おう、俺はもちサッカー部だぜ!やっぱ運動部だよな~男ならっ!マナブは?」

「あ~……それが、まだ決まらなくて……運動は微妙なんだよね~僕」

「まーマナブはそういう感じじゃないもんな~……でも一念発起してみるのもいいんじゃねえ?」

「う~ん……」

「一年勃起、なんちゃって!へへへっ」

「おい!」

「あ、俺これからサッカー部見に行ってくるから!まーお前も色々回ってみたらいいかもな!じゃーな」

「う、うん!じゃ!」

軽やかに駆ける後ろ姿を目で追いながら、僕は少し恨めしい気分になった。

やっぱタっちゃんは、何でもスッパリ決められてすごい。

僕はタっちゃんのそんな所が大好きだった。そして僕にも、そんな意思の強さがあれば……



ふわり……





「……!」

途方に暮れかけた僕の眼前を、美しい影がすっと通った。

流れるような髪に、スッとした見事な大人のプロポーション。

こ、こんなきれいな女の先輩が、この学校にいるなんて……!

もはや一目ぼれだった。

「声を掛けなくちゃ……!」

居ても立ってもいられなくなった僕は―――


1.母性が感じられる穏やかそうな少女 に声を掛けた。
2.凛とした眼差しの真面目そうな少女 に声を掛けた。

給仕アンドロイド

「マスター、睾丸の肥大化が確認されています。
最近自慰をなさっていませんね?」



部屋の掃除を任せていたアンドロイドが、唐突に話しかけてきた。
任務中のくせにけしからん奴だ。

「いやその、別にしなくても問題ないしさ……」

ギクッ、としながらも平然を取り繕う俺。手、プルプルしちゃってます。

「いけませんマスター、定期的にお射精されなくては。お体に異常をきたします。」

「いや、いいっていいって!あんたには関係ないでしょ!」

「いけません。私はマスターの健やかな生活と教育を提供するよう、旦那様から責務を負っております。」

「あっ!」

突如、背中から抱きつくように俺の身体を抱きしめる給仕アンドロイド。

頬やうなじをくすぐる髪に、まるで人間のような暖かさに悪い気はしない……でもない。

それに、背にふにふに当たる柔らかなおっぱいの感触。

最先端の技術を駆使した人工肌は、生意気にも女性のそれそのものだ……たぶん。

「それではペニスをこちらへお出し下さい、マスター」

「……って服が!俺の服どこ!?」

いつの間にやらスッポンポンにされていた。

こいつはつくづく出来る女……いや、出来るアンドロイドなのだ。

「さあマスター……ペニスを、こちらへ。」

ぐいと距離を詰める機械仕掛けのメイド。

くっ、なんでロボのくせにこんな迫力あるんだよ、こいつ……

そして片手に握り締めたるは……案の定、先ほどまで使用していた掃除機。

「マスター、ペニスを私に差し出して下さい。」

「……うう、掃除機は嫌だあーーー!!!」

尻尾を巻いて逃げ出す全裸の俺。

掃除機の轟音が、俺の背に襲い掛かってくる……!

全力でバックステップ、不覚にもびっくりするほどユートピアしつつ、背後にある部屋の扉に手をかけ―――

―――なっ……なぜ開かない!

裏からチェーンで閉鎖されてんのか!!

くそっ……孔明の罠だっ……

さっきは出来る女なんて言ったが、訂正しよう諸君。こいつは出来すぎる女、否、出来すぎるアンドロイドだ……!

「よ、よせ止めろ!……頼む、掃除機はイヤ、掃除機はイヤ……!」

部屋の隅に追い詰められた俺は、さながら猫を目の前に慈悲を乞うネズミのようだった。

若しくは、頭の上からグリフィンドオオオオオオとでも聞こえてきそうな感じでも、いやなんでもない

「……既に勃起、なさっていますが……マスター?」

「ひっ!」

アンドロイドが不意に顔を近づけ、俺の性器を覗き込む。

「私のボディの感触に興奮なされたのですか、マスター?」

端整な顔に、無機質な冷たい瞳……相変わらず―――

「……それとも、またこの掃除機に吸われる事を想像して……?」

凍りつきそうな瞳が、俺の中身を暴こうと射止めて離さない……

だけど、そんな彼女に追い詰められ……俺は確実に興奮していた。

「また吸って欲しいのでしょう?ペニスを吸われて、私に教育されたいのでしょう?……命令して下さい、マスター。」

「んふうっ……くうっ……」

なんでこんな……こいつ、人間みたいな……

「お願いしなさい、マスター。またおちんちん吸っていじめて下さい、とおねだりするんです。」

「んんっ……うう~……

そんな、平然とした目で見ないで……自分の中身が覗かれてしまう……

恥ずかしいのに、俺のムスコは完全に勃起して、ビクンビクンと脈打っていた。

こんな俺って、不謹慎なヤツなのか?

「マスター。早く、言いなさい。」

ぐいっ……!

「……あっ!」

メイドが掃除機のノズルを、ペニスへグリグリと押し付けてくる……

「ああっ!、あああうっ……ま、またおちんちん、吸ってぇ……あっ、い、いじめて下さいい……!」

窮鼠猫をかむ……ことはなかった―――

「……はい、了解しましたマスター。マスターの睾丸に溜まった精液を、この掃除機によって吸い上げ……空にさせて頂きます。」

ニコリともせずに、メイドロボは身を起こし、俺のペニスに掃除機のパイプをあてがった。

「それでは……吸い出します。」

そうじきリク1


ズボッ……ズボボボボボ……ッ!

「あぐっ……あっ、ああぁああ~!!」

掃除機の電源が入った途端、ペニスの先があっという間に掃除機の中へと引き込まれて消えた。

「ペニスの吸引を開始。このまま射精して頂きます。」

「あああ~っ!!あ、あ、あううっ……!」

腰からつま先まで、痺れるような強烈なバキュームの快楽に襲われ、全身が硬直する。

「あああぁああぁっ~!ひ、ひゃあああ~~!!」

強すぎる快感に、汗が噴出すると同じくして、膝がガクガクと笑い出す。

「感じていらっしゃるのですか、マスター。顔面が弛緩しておられますが。」

ズボボッ……ブボボボボボ……!

冷めた目で、自分のご主人様を見下ろす給仕メイド。

手にしっかりと握られた掃除機は、お部屋の塵やゴミよろしく俺のペニスを吸いたてた。

「もっと深めにお吸いしましょうか、マスター?」

「ああああ、あ、やあああっ……!!!」

「それでは、もっと奥にペニスを入れましょうね……」

メイドアンドロイドはそう言うと、パイプを俺の下腹へ当たるくらい突き出してきた。

ブボッ!!ブブブ、ブビッ!ブボッ!!

「うあぁあぁあ~っ!!す、吸われ、て、おおっ、おおお~っ!!」

思わず顔を仰け反らせてしまうほど、強烈な刺激がペニス全体を覆う。

腹と掃除機の隙間から、苦しそうな音が漏れだした。

「ほら……どうですか、マスター。」

ブブブブブッ!ブボッ!ブボッ……

よがる俺を尻目に、淡々と家事をこなすのと変わらず、ペニスを責めたてるメイド。

「このように深く吸い上げますと、ペニスの包皮が伸ばされ、癖になってしまいますね。」

「あ、あううううっ~!!ううう~っ!」

「……それが、感じるのですよね?給仕である私に、ペニスを吸いたてられ……嫐りものにされるのが。」

ブボボボボッ……ブボ、ブビ、ブブブッ……!

「ん、音が変わりました。亀頭が膨張しているのですね、マスター。お射精、なさいますか?」

「ああぁあぁあああ~っ!い!いきそっ、あっ、あっ!」

「……どうぞ、お射精なさって下さい。全て吸い上げますので……ほらっ」

「あ、あっ!だ、だめだめだめえ……!」

「早く、出して下さい。……出しなさい」

ズボッ!ズボッ!ズボボボボボボッ……!!

思い切り掃除機を押し当てられ、ペニスごと持っていかれそうになる。

俺は前のめりになりつつ、その時を迎えた……

そうじきリク2


「う、あ……、うああぁあああぁああぁ~っ……!」

ドクッ、ドクッ、ジュル、ズルルルルルッ……!

大量に噴射した俺の分身が、みるみる掃除機内へ吸い込まれていく……

「射精を確認しました。このまま睾丸の精液をお搾りします。」

ジュボッ!ジュボッ!ジュブッ!

「あっ、あぅ、あっ!!や、やめてええ~っ!!」

ズルズルと、飛び散った精液がパイプを駆け上がっていくのがわかった。

「いけませんマスター。すべて出して頂きます。」

「あああっ~!そ、そんなあっ……!」

意地になりながらも甘んじて射精の波に耐えるっ……これを耐えれば……!

―――そう思っていた時代が私にもありました。

「……はい、吐精が完了しました。マスター。」

「うう、よ、よかったぁ……」

「ですが、勃起が収まりません。まだ精液が睾丸内に残存していると考えられます。」

「え、え、やだよ」

「続けて射精、していただきます。」

「そ、そんなっ……ああ、嫌だあ~っ!」

給仕アンドロイドは再び掃除機のノズルを持ち上げ、ペニスの先に口を近づけた。

「二度目ですので、強めにお吸いします。我慢せずに漏らして下さい。」

そういうと、スイッチのボタンを「最強」に合わせた。

「く、やめ……」

咄嗟に逃げようとするが、膝が地から浮いていて叶わない……!

「では、残った精液……こちらで没収させていただきます。」

そうじきリク3


ズボッ……ボボボボボボボボッ!!!!

「なあああああ~っ!!あ、あっあああぁああぁ、ああぁ~っ!!!」

絶叫とともに、ペニスが猛烈な勢いでメイドにバキュームされる……!

「ペニスの先を、こうして強く吸引して刺激に晒すことにより……素早い吐精を行うことが出来、非常に効率的です。」

「ひゃああああああぁあああ~っ!!!」

ブボボボボッボボボッ!!!ブビイイーーーッ!!

「我慢なさっても無駄です、マスター。マスターの精液は、こちらのバキュームによって全て、私が責任を持って没収いたします。」

「ああああぁあっ、あっあぐうう~っ!!うあぁああああ~っ!!!」

もはや体制を保ってはおれず、四足でブリッジの如くからだをなんとか支える。

「力を抜いて下さいマスター。ほら……バキュームにピストン運動を加え、セックスのように前後に動かして差し上げます。」

ブボッ!ブボッ!ブボッ!……

「あ、あっ!やめっ!んあっ!あ”っ!」

情けなくも、ブリッジの体制で腰をヘコヘコしながら掃除機に吸い付かれる。

「出して下さい。隠しているもの、すべて私に差し出して下さい、マスター。」 

「だめえええ~っ!!ああぁあああ~!!!」

ペニス全部が、掃除機の中へと取り込まれる……!

「回収します。出しなさい。」

「……っ!お、おおおおおぉおんっ!」

そうじきリク4


ビュッ、ドビュ!ビュっ……!!

目の前が白くはじけたかと思うような感覚が、俺の頭をぐるりと駆けた。

「射精を確認しました。まだ多くが残っていたのですね、マスター。」

「あぅっ!うぅうう~っ!!あっ……!」

無残にも、真っ赤に晴れ上がった亀頭が、無理やりに精液を吐き出させられていた。

・・・ 

・・



やがて射精の波が小康状態になってきたところで、ハイパー賢者タイムに突入した俺。

「搾精作業終了しました。お疲れ様でした、マスター。」

掃除機のパイプからペニスが引き抜かれる。ヘタっとなったペニスがコンニチワ。

……俺はアンドロ風情に何ヨガってたんだ……

自己嫌悪にクラクラしながら、俺はもんどりうってメイドロボの足におもっくそ体当たりをかましてやった。

そのまま立ち上がり、無表情のメイドロボに捨て台詞。

「死ね!ポンコツババアー!!」

誰だこのガキは。私です。

そのまま即効で部屋から脱出、流石だぜ俺……!

スマートに脇をすり抜け、扉の取手に手を掛け―――

―――な ぜ 開 か な い

くそっ……孔明の、アホ―――っ!!!扉が開かんの忘れてたアッー!

……なぜだか、白い目線を背に感じる。

「……マスター。私の教育が間違っていたのでしょうか。」

「ひっ!」

「マスター。例えアンドロイド相手とはいえども、このような暴力や暴言を振るうことはいけません。違いますか、マスター。」

背筋がぞわっとする方を振り返ると、そこには―――



     つづく ←未定









くすぐり保健室

坂本センパイ(俺)……受験を目前に控える男子高校生。ワイルドだよぉ
杏奈、ユイ ……巨乳の女子高生。高校二年生。共に小学生時代、坂本の属する男子グループにイジメを受けた過去を持つ。




昼の補習授業も終わり、自習に取り掛かっていたころ。

睡眠不足だったせいか、軽く眩暈を感じ、俺は保健室で軽く休憩することにした。

俺の人生が掛かった受験は目前に迫っていて、本当はあまり時間を浪費したくなかったんだが……

睡魔には勝てず、俺は陽の落ち始めた保健室のベッドで横になった。



「あ、起きましたか?坂本センパイっ」

「……?」

目を覚ますと、そこには一年後輩の杏奈とユイがいた。

部活の途中か何かだろうか?なぜか体操着姿で、俺の顔を上から覗き込んでいる。

学内でも巨乳美少女と評判の二人だが、

実はこいつらとは、何度か同じ委員会で見知った仲ではあった。



「んあ……、なんだ?」

寝ぼけ眼で起き上がろうとしたが……

「っ、痛えっ!なんだこれ!」

なんと俺は、四肢を縄跳びのロープでベッドに固定されていた。

しかも服を剥がされ、パンツ一丁という出で立ちだった。

「お、おいっなんだこれ!さっさと外せ!」

「えーいいじゃないですかぁ、マッサージとかはセンパイ、お嫌いですか……?」

「へ……?」

そういうと二人は俺の股間に顔を近づけ、息を吹きかけてきた。

「あっ……」

「あは、センパイ感じちゃってます?」

フウ~……フウ~……

二人の息が、ペニスをくすぐってくる……

一体なんなんだこいつらは……お、俺はこんなことしてる暇……

「ほら、この子も期待しちゃってますよぉ?」

フウ~……フウ~……

「う、うあぁ……」

杏奈とユイが手を伸ばし、ボクサーパンツの上からペニスや玉袋をサワサワと撫で上げる。

「ふふ……ほら、センパイ?」

「気持ちいいマッサージ、しましょう……?」

さわさわ……さわさわ……

「くぅっ……やめ……」

二人の胸が太ももにふにゅふにゅ触れてくる……

くそ、勃起してしまう……

勃起したモノを、こいつらに見られてしまう……!

さわさわ……さわさわ……

「ふふっ、こんなに大きく膨らませちゃって……」

「うう……」

「ほら、お願いして?」

「マッサージして~ってお願いしてください、センパイ?」

「~!わっ、わかった……っ、マッサージしてくれ!……これでいいだろ?」

なんなんだ……

俺のことを縛ったり脱がしたり……よくわからんが、もうなるようになれ!

俺は期待さえ胸に忍ばせながら、二人に身を任せた。



「は~い、わかりました~!」

「それじゃあセンパイ、マッサージしちゃいますねっ」

そう言うと二人は俺の両側に立つ。

どこからかピンクのゴム手袋を取り出すと、それを二人は両手にピチリ、とはめた。

「な、なんだよそれ……?」

「え~だって、なんか素手とかであんまり触りたくないしぃ~」

「へ……?」

「ほらほら、それじゃあマッサージ、しますよぉ?」

「ねっセンパイ、腕もっと開いて?」

言われるがままの俺の脇腹に、二人は手を添える。

「ほ~ら、いきますよぉ?」

「せ~の、」

「「こちょこちょこちょこちょ~!!」」

1c.jpg


「あ、あははははっ!ちょっ、な、あは、あははははははははっ!」

無防備な脇腹めがけて、二人の指先がくすぐってくる!

「センパイ、ここはどうですかぁ~?」

「こちょこちょこちょ~!」

「はははははは!わ、わかったからあ、やめ、あっはははははは!!!」

く、苦しい……!

逃げようにも四肢が固定されていて……動かせない!

「だ~め、やめませ~ん」

「ほらほら、もっとくすぐっちゃいますよぉ~」

こちょこちょこちょこちょこちょ……

全身をまさぐるように、二人の指が俺を蹂躙する。

脇や胸、首すじ……

「あははあっ!あはははははは……!た、たすけえっ!ははっ、ははははは!!」

やめてくれ……!

息が、息ができない!

にもかかわらず、二人は手の動きを止める気配はない。

「ふふっ、センパイのお顔、真っ赤になってますよ?」

「ほら、暴れないのっ!こちょこちょこちょ~♪」

「あ、あははははははははっ……!」

身悶えしながら、汗が全身から噴き出し、ぬるぬるとまとわりつく。

それと、股間……ペニスが充血し、痛いくらい張ってしまっていた……

「あら、センパイ?パンツの先っちょ、濡れちゃってますよ?」

「くすぐられて感じちゃってたんですかぁ?……センパイ、変態ですねっ」

「くはあっ……はあっ……はあっ……!」

やっと指の動きを止めた二人は、俺の先走りで濡れそぼったパンツの先を見てクスクス笑った。

でもそんな嘲りも、胸で息をするのが精一杯の俺には何にも届かなかった。

「センパイ、汗でぐちょぐちょ……苦しかった?」

「ほら、よしよし……苦しかったね……」

そういうと二人は体操服をペロンとめくり、巨大な胸を俺の顔面に押し付けてきた。

「ほ~ら、おっぱいですよぉ~」

「よしよし、いい子ですね……甘えても、いいんですよ?」

ふよん……ふよん……

胸から女子特有の甘い香り……柔らかくて気持ちがいい……

さっきまでのくすぐられた苦しさと相まって、体が脱力しきってしまう……

「あはは、センパイったら赤ちゃんみたい……」

「お、おっぱい……!吸わせて……」

理性のタガが外れ、二人の大きな胸に顔を埋めながら、乳首にむしゃぶりつこうとする。

「あんっ!あ、こら~センパイ?めっ、ですよ!」

杏奈は乳首に吸い付こうとする俺の顔を胸から遠ざけると、怒ったような素振りをした。

「勝手におっぱい吸おうとするなんて、悪い子ですよっ」

「悪い子にはおしおきですよね……センパイ?んふふっ」

二人は胸を俺の顔から離してしまう……

「あ、ああっ……」

「うふふ、残念でした~!」

「じゃあまた……こちょこちょこちょこちょ~!!」

「ひゃっ!?あ、あ、あっははははははは!!」

またもや、あのくすぐり責めが始まった……

後輩女子二人の手から逃れようと惨めにもがく俺……

だが容赦なくゴム手をはめた10本の指は、俺の脇や胸、足裏、太ももから足裏まで……

あらゆる所を捕らえ、責め立ててくる……!

「あはは、こっちはどうですかぁ~こちょこちょ~♪」

「あっ、すごい、おちんちんビクビクしてますよ~センパイ?」

「ぐ、があぁっ……!も、もうやめ、あ、あははははは……っ!」

もうどこをくすぐられてるのかわからないほど、全身を痙攣させてもがき暴れる。

なのに二人はそれをさも面白そうに笑って……!

「はあっ、はあっ……!おまえら、ひゃ、ひゃはっ!い、いい加減に……」

「え~なぁんですか?センパイ?」

「なんて言ってるのかわかんな~い♪こちょこちょこちょこちょ~!」

「あああっ!あっ、ひゃははははははっ……!」

汗だか体液だかわからない汁まみれになり……

「こちょこちょこちょこちょこちょ~~!」

全身を暑さで火照らせ、ペニスは痛いくらい怒張して……

「おちんぽビクビク♪苦しそうですねぇ~♪」

「あははははは、ひゃは、や、やめ、がはっ、あっ、はははは……!」

「ん~苦しい?センパイ、苦しいですかぁ?」

「ふふ、ほら、おっぱいですよぉ~?」

ふにゅ……ふにゅ……

ああ、やわらかい……!

「あらら、センパイの顔、こんなに緩んじゃって……」

「苦しかったんだもんね?おっぱいに、甘えて?」

「ふう、ふああ……」

肌にしっとりくっついてきて……なんだかこのまま、柔らかなおっぱいの中に沈んでしまいそうだ……!

「ん……センパイ、可愛いっ」

「男の子は、みんなおっぱい大好きですもんね~?ほらほら♪」

「あ、ああ……」

ふよん……ふよん……

ああ……ブラの隙間から乳首が見える……

うう、あのピンクでいやらしい乳首、しゃぶりてえ……!

「あはっ、乳首吸いたいの?」

「ん~ボクちゃんはエッチですね♪……仕方ないですねぇ、ほ~ら♪吸いなさい……?」

杏奈とユイがブラから乳房を取り出して、乳首をこっちに向けてくる……

「ほら……吸って……」

さっきの二の舞になったりしないだろうか……

くそ、体さえ動けば……!

ああ、でも、我慢……

我慢、できない……後輩おっぱい、吸い付きたい……!

「ほら、おいで……な~んちゃって♪」

パァンっ!

乾いた音が周囲に轟く……!

俺は思い切り伸ばした顔面を、平手打ちされていた。

「……っ!!」

「あははっ!何口付き出して、ホントに吸おうとしてんの?センパイきも~!あははは!」

パァンっ!

パァンっ!!

「~っ、お前ら、この!!ふざけやがってええ!!」

ガシャガシャ!ガシャガシャガシャ!

怒りに身を任せて思い切り身体を上下に振る俺。

「ふざけんなあ!!お前ら、犯す!クソが!!犯す!」

ガシャガシャ、ガシャガシャ!

「はいはい、ダメですよぉ~そんな怒っちゃ♪ほ~ら、こちょこちょこちょ~♪」

「こちょこちょこちょこちょこちょ~!」

「っ……!がはっ、んがあああっ……!!」

くそっ、くそっ……!

笑うのがこんなにきついなんて!!

いくら耐えようと思っても、我慢できず全身弛緩してしまうう……!

「ほら~ここなんて効きますかぁ~?あはは、こちょこちょ~♪」

「んぐうっ!がはあっ、てめ、あっはははははあっ……!」

「うわ、パンツびしょびしょじゃないですかセンパイっ♪おちんぽお漏らし、気持ち悪~い」

ピンッ

「んがあうっ!」

2_20120523080205.jpg


突然、ペニスの先を指で弾かれる……!

「おちんぽの先、すっごい面白~い!ほら、ピンッ♪ピンッ♪」

「んうっ!んああっ!」

「あはははっ!『んああっ~!』だって!きも~いっ」

「く、っそがあ!ああ!?、あっははははははははははは!!」

「ほらほら、逆らっちゃダメでしょぉ~?こちょこちょこちょこちょ~!」

「あは、はあっ……はあ……あは、あははははははははははっ……!!」

涙まで流しながら、俺はくすぐりの雨に打たれ続けた……

突っ張りすぎて、足の感覚なんかもうしなくなってしまった……

「あらら、泣いてるの~?センパイ?」

「うわ、男の人が泣くとこ、私初めて見ちゃったよ~!」

「くぅ……!な、泣いてねえ、ああっ!あははははっ!あっあっ、があああ……!」

「こら、泣かないの!男の子でしょ~?」

「年上なのに情けないですねぇ~、ほらほら、おっぱい♪おっぱいに甘えていいからね~?」

「はあっ……はあっ……!」

ふにょん……ふにょん……

顔や肩を、柔らかな乳房が余すところ無く包む……

くそ……!こんな胸と顔しかない女共に、馬鹿にされた扱いされてるのに……!

ペニスが疼いて仕方ねえ……!

俺はおもむろに、胸に顔面をぐりぐりとこすりつけた。

「ん、んがあ~っ!」

「うん、そうそう……おっぱい、気持ちいいねっ?」

ちぃっ……くそっ!くそおっ!!

「あはっ♪顔がおっぱいに埋まっていっちゃうね~?どうしようねぇ~?」

「はあっ……はあっ……んぐっ」

い、息ができない……!

おっぱい、このおっぱいでパイズリとかしてえ!くうっ……!

「ん……?あれ、センパ~イ?何必死に腰動かしちゃってるんですかぁ?」

「うわ、情っさけな~い!腰カクカク~ってしちゃってるよ~!」

「ふふ、犬……みたいですね?センパイ?」

し、しまった……!勝手に腰が動いてしまっていた……!

上をチラと仰ぎみると、杏奈が嗜虐的な顔で俺を見下げていた。

「ぐっ……!」

まるで心の中まで射ぬかれ、犯されているような……そんな目線……

「……射精、したいんですか?」

「まぁ、犬にエッチなんて~させてあげたりはしませんけどぉ……」

そう言うと、ユイは胸をどけて、俺の腰辺りに落ち着く。

そのまま指を俺の太ももや腰に這わせて……

「……くすぐられて気持ちよくなって、勝手に垂れ流すならアリ、かもね♪あははっ!」

こちょこちょこちょこちょこちょ……

「んわあっ!ああああっ、あっははははああああ~……!!!」

ペニス周りを、くすぐられる!!腰が勝手に、勝手に反応してしまう……!

「大丈夫だよ、ほらおっぱい♪ねっ?」

ふよん……ふよん……

「あがあああ……んうっ、んがあ……!」

頭は杏奈の巨大な胸に揉みしだかれる……!

くそ、こんなもの……!お前らの思い通りに……!

だけど――ー

「あ、センパイ、こことかはどう?パンツの上から、さわさわ~♪」

「あ、あっ……うああっ……!」

ペニスの周辺を指でさわさわと優しくくすぐるように愛撫され……

「玉々さんも、うりうり~♪」

「んっ……!んあああ……」

パンパンに張った玉袋を、下からあやすようにくすぐられたり……

「あ、なんだかセンパイのちんぽ、さっきよりビクビクしちゃってますよ?……もしかして、イっちゃいそうと
か?」

「いいですよ~♪このまま漏らしちゃいましょうね~♪」

「こちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ~!」

「んがあああああっ!!いっ、いひゃああああああ!!あああああ!!!」

上半身は杏奈に、下半身はユイにくすぐり、責めたてられ……

そして俺は、ついに恥辱の時間を迎えた―――

「んあああっ?!あ、あ、あ、でっ、でえるうううっ……!!」

身体を猛烈にびくつかせ、俺は思い切り腰を海老反りに反らせた。

「え、え?本当に出しちゃうの?」

「……いいよ、出しなさい♪パンツの中に、みっともなくお漏らししてっ」

「あっ、あっ……!あうっ……!!」

kusuguri_20120523175807.jpg


ドプッ……ドプッ……ドプッ……

とうとう、イってしまった……

堰を切ったかのように次から次へ、精液が大量に溢れ出す……

「うわ、本当に出してるし……すごっ、ちんぽ超跳ねてるよ……」

「パンツにどんどん染みができてる~!キモチ悪~い♪」

「私全然ちんぽ触ってないのに……センパイって本物、だよね……」

二人が手を止め、俺から一歩引いた中……

ドプゥッ……ドプッ……

「んうっ、うっ……!」

声を殺そうにも殺せないまま、一人で無様に……終わらない射精の脈動に、身を委ねていた……

パンツにじわじわと液体が染みていく感触……

俺は肩で息をしながら、目をつぶって恥辱に悶えた―――



「は~いセンパ~イ、お注射の時間ですよぉ~♪」


チクッ!

「ん痛えっ!」

突如、首筋に鋭い痛みが走る。

「な、何しやがった!」

さっと振り向くとユイが何か注射器らしいモノを片手に持っていた。

「え~何って言われてもぉ~?ただの注射だけど?」

「は、はぁ~?」

あ、あれ?なんだか、胸が苦しい……

「あはは、効いてきたかな?」

「てめえら何したっ……!あ?」

全身が熱い……なんというか、サウナにいるような蒸せ返るような嫌な暑さ……

それに、股間がむずむずして……?

「んふ~♪おちんちん、苦しいねぇ~?」

「な、なんだこれ……?」

「それはねぇ、まあ、エッチになっちゃう薬、みたいな?」

二人は顔を見合わせると、クスクスと笑う。

「くっ、なんだ……!なんだこれ……」

胸が脈打つたび、ペニスがズキズキと痛む。

さっき出したばかりだというのに、玉袋が張って、まるで精子が渦を巻いてるみたいだ……!

「出したい?射精、したいよね?」

「う、うるせえっ!もういいだろっ……これ解けっ!」

「はぁ~?何そんな偉そうな口聞いてるんですかぁ?セ・ン・パ・イっ」

ぎゅうっ……!

「ぐ、あああっ……!」

玉を思い切り握られる……!!

「こんなにちんぽ、膨らませてるのにねぇ?はぁ?何、金玉気持ちよかったの?」

ぎゅうっ……!!

「があああっ!!やめ、やめろお!!」

「あっははは、情けな~い♪パンッパンの金玉、ちょっと握っただけでコレだからね~!」

「うっわ、これ絶対興奮してるよ~!やっぱドMじゃんこいつ!」

「く……そっがあ……!お前ら、ぶっ殺すからなぁ……!!」

思い切りにらみつける俺に全く動じず、杏奈とユイは身動きできない俺の睾丸から、手を離そうともしない。

「あはは、こっわ~い♪」

「でもまぁ、こ・れ……握りつぶしてもいいんだよ?」

「そしたらアンタ、もう女の子になっちゃうね♪ね、センパイ?」

胸の谷間を体操着の隙間から大胆に覗かせながら、指をもむようにくにくにと動かす二人。

「大好きな射精も出来ないんだよぉ~?困ったねぇ?あははっ」

そのたびに睾丸をやわやわと揉まれ、ビクビク緊張してしまう……

「あはっ、ビクッてしちゃって可愛い~!ん、怖いの?ほれ、ほれ~♪」

「本当、男って弱いよね~……そのくせ、ちんぽは勃起させたままとか……」

いきり立ったペニスを、下着の上から軽くこずきながら、ユイはニヤニヤと下卑た笑いを浮かべた。

ぶっ殺してえ……!

この女ども、絶対許さねえ……っ!

犯しまくって、肉便器にした後……ボコボコにしてやるっ……!

「……っ」

「はっ?なによ、その目。なんかムカつくんですけど?」

俺の怒りが伝わったのか、杏奈が俺の玉を強くつねった。

「う゛うっ……!」

「……ふふ、いいよ。そんな反抗的なのも今のうちだし」

「は……?」

なんだ、何をする気だ……?

「じゃあほら、センパイ?膝枕ですよ~♪」

ユイはそう言うと、俺の枕元に上がってきた。

「……な~んちゃって♪あはは、えいっ♪」

「―――っ!!」

ユイはなんと、俺の顔面に跨り、ブルマに包まれた尻をゆっくりと沈めてきた……!

むわっ……と鼻腔に広がるメスの匂い。

柔らかい女子の未熟な尻に敷かれて……!

「~っ!んむ~!!」

「こ~ら、暴れないの!ほら、ぐりぐり~っ」

「む、むぐぅ~!!」

ユイが腰を左右に振ると、それに合わせて俺の顔も左右にいいように振らされた。

「1、2♪1、2♪おじょうずですね、よしよしっ」

「む、むぐ、むぐぅっ……!」

こいつ、完全に舐めやがって……絶対、殺す……!!

俺に渦巻く憤怒と裏腹に、俺のイチモツは痛いほどに固くなっていた。

女子のお尻に顔を踏まれ、思いのままにされることに……なぜだか、情欲がわきあがって仕方が無かった。

これもさっきの薬のせいなんだろうか―――

「うん、いい感じにちんぽと玉々、おっきくなってるね♪」

ガサゴソとどこかから物音と、杏奈の声が聞こえてくる。

トス、と何かが俺の寝ている布団の上に乗ると―――

ペニスが何かに包まれてしまった。

「じゃあ、スイッチオ~ン♪」

杏奈が声高らかに宣言すると……

ヴィイイイイイィイィィイィ~ン!!!!!……ズボボボボボボッ……!

「っ、んっぁあああぁああああぁあ!!!!」

けたたましい音と共に、突き抜けるような快感がペニスを覆った!

これは……掃除機だ!!

掃除機でペニスが、思い切り、吸われているうう!!!

「ほらほら、ユイも脇、くすぐってあげて♪」

「うん、こちょこちょこちょこちょ~!」

「あっはははは、あは、あがあああああああ~っ!!!!」

すさまじい機械的なバイブの振動に、俺の身体は強く痙攣を起こした。

「ほ~ら、ズボズボッ♪その金玉袋にパンパンに詰まった白いの、全部吸いあげるからね~♪」

ズボボボボボボボボボボボボボボボッ……!!!!

「があああああっ!!!……ああん、あ、がああああ……!」

限界は信じられないほどすぐに訪れた。

胸を極限まで反らすと、俺は思い切り、掃除機のホースの中に向かって、『中出し』した……

kusuguri2.jpg


「は~い、いっちょあがり~♪」

ずぼっずぼっずぼっずぼっ……!

「ん、んあああああううっ~!!」

吸われるう……!精液が全部、抜き取られちゃう……!!

「ほら、玉、足で踏んであげるから~全部出してよねっセンパイ?」

ぎゅっぎゅっ……!

「あ、あがっ……!!!」

杏奈は掃除機でペニスを吸い立てながら、玉袋を足先で踏みにじってきた……!

「玉々ぎゅっぎゅっ♪ちんちんズボズボ♪雄ミルク、大量入荷~♪」


ずぼっずぼっずぼっずぼっ……

「あ、あ、あ、あっ……!」

掃除機のノズルが上下するリズムで、勝手に声がもれ出てしまう。

腰に力が入らないい……

「うん、よく出せました~!……ご褒美っ、こちょこちょこちょ~♪」

「ああっ?!あっひゃっひゃああ……!!」

ぐったりしたタイミングで、顔を組み敷いているユイが上半身を思い切りくすぐってくる。

「あっがあああ……!だめ、だめえ!!あはははははは!!」

「『だめ~♪』だって、なんかレイプされる女の子みたいっ」

「そのくせ、こっちはまた大きくなってきてるんですけど?……ほんと、どれだけマゾなんですかね、センパイは
っ!」

ズボボボボッズボボボボボボッボボボボボボ……!!

「んあああああああああああっ~!!!!」

また吸われる、吸われてるう!!!

ギンギンに沿ったペニスが、狭いノズルの中に吸い取られて……!

ペニスはもう痛いほど射精したはずなのに、また精液が漏れてしまいそうだ……!!

「ん?またイっちゃうんですかぁ?早漏なんですか、センパイは?」

「はあっ……ぐうっ、あああぁああぁああああぁあ!!!」

ズボッズボッズボボボボボボッ……!!

3_20120523175121.jpg


「センパイミルク、空になるまで吸いあげてあげますからね~♪ほらほら~♪」

「うわ、亀頭なんかもう真っ赤じゃん、キモッ……本当、乳牛の乳首みたいになっちゃってるよ?」

「じゃあ、このちんぽ……いえ、センパイは今日から、搾乳専用のホルスタインになりましょうね~♪」

「う゛うっ、うっがああああぁああぁあああっ!!!!」

どぷっ……どぷぅっ……!

「あっが……!!」

「あはは、またいっぱい出ますねぇ~!牛さん特濃雄ミルク♪」

「あっがぁ……あ、あ、あっ……!!!」

「もう、掃除機でも孕ませるつもり~?どんだけ精液作ってんのよ、アンタの金玉!」

ユイが乳首を思いきりつねあげる……!!

どぷぅ……どぷっ……どぷっ……

「あ、ああ……」

目の前がチカチカして、息が出来ない……

「っは~い、精液ぜんぶ、吸引できたかなぁ~?」

「それじゃ、また……こちょこちょこちょこちょ~!!」



ペニスが萎え始めると、ユイが俺をくすぐり……

勃起すると杏奈が掃除機でペニスを啜り上げる……

このサイクルに嵌まり切った俺は……

変な薬のせいだろうか、ずっとペニスが萎えることなく……

気を失うまで精液を掃除機に搾り上げられ続けた……




その後の話をすると……

結局、俺は受験に失敗した。

変な薬の効果は、受験期が終わるまでずっと持続した。

いや、これは薬のせいだけじゃないのかもしれないが。

いつも股間を張らせていたような状態で、俺は受験の準備をすることを余儀なくされた。

それから―――

たとえば模擬試験会場に行くと……

あたりに座っている女子の手が、気になって気になって仕方が無かった。

試験用紙に記入しようと動く女子の手は、頭の中で俺の全身をまさぐって、くすぐり、そして犯していた。

逃げようともがく俺の身体を、少女の手が執拗に追いかけては……

息も絶え絶えになるまでくすぐり犯すのだった。

勃起をとめられるようなことは出来ず、

試験時間の間いっぱい、妄想の中、試験を受ける女子高校生の手で……脇や胸や太ももをいたぶられて……

そしてわれに返った時はもう試験終了間近。

時間を取り返そうとあせれば焦るほど―――女子の手は猛烈に俺の全身をくすぐり立てた。

興奮のあまり、試験の間に射精までしてしまったことさえある。

これは、あの保健室の後輩二人の呪いだった。

そして今も……その束縛からは逃れることは出来ていない。

あの二人組み―――杏奈とユイ―――について、古い友人に話を聞くと、どうやら小学生の頃、いじめのようなも
のを俺から受けたとかなんとか。

おまけに高校に赴いても、もう彼女らの姿を見ることは出来なかった。

まあ、そんな昔(名前さえ思い出せなかった)のことなんて、後悔しろといわれても仕方が無い。

それに俺は、結果的に満足しているのだ。

だって目をつぶれば―――

いつでも俺の身体を、いたぶってくれる。

気持ちよくしてくれる二人が……すぐそばにいるんだから―――


end

バブルスライム娘

故郷の町からはるか西離れに存在する洞窟。

俺は東方へ続く大陸に渡る資格を手に入れるため、最深部に巣食う魔物を討伐しに、単独でやってきた。

やってきたのはいいものの・・・


俺は冒険者だ。

かつて血を統べ、あらゆる力を束ねてきた例の剛の者とは違う。

伝統的な権力も、あるいは運命付けられた強者でもない。

ましてや歴戦の勇者に関係している者でもない。

そう、一般的な旅人。

模範的な”とある”冒険者。

だが、そんな選ばれし者ではないという気概から、俺はある決断を手にした。

力なき者こそ、出来ることがある。

すべき事はいつでも開放されているではないか。

そうした自負かつ独善的思考にしがみつき、俺はあらゆる道行く者から先んじる冒険者となった。

だが―――――


人里離れた洞窟。

足を踏み入れてすぐの事だった。

出会ってすぐ理解した。初見で直感した。

俺は。

今の俺は。

こいつ、いや・・・彼女には、

・・・勝てない。


眼前のバブルスライムは薄気味悪く笑う。

いや・・・彼女に気味悪がられたい気持ちはないのだろうが。

到底適わない・・・

俺には死の足音がはっきり聞こえた。

「ふふ・・・何度逃げようとしても無駄ですよ・・・お兄さん?」

「くっ・・・!」

狭苦しい洞窟内。四面楚歌。

俺はかつてない危機に曝されていた。

素早い身のこなしに加え、こちらの状態異常・・・

もはや体力さえも風前の灯だった。

「俺は・・・」

「あはは、なんですか、おにいさん?」

「・・・お前なんかにやられるわけには、いかないんだ・・・!」

過去の記憶がむくむくと湧き上がる。

ふがいなさを悔やみつつ、何も出来なかった昔の俺。

無気力と過信との倒錯をかみ締め、こうして生きてきた。

「お前なんか雑魚に・・・!」

ふいに背筋に走る、ゾクリとした感触。

「・・・やられるわけには・・・!って感じですか?お に い さ ん♪」

一瞬で距離を縮める敵。

次の瞬間、見事に俺はバブルスライムに押し倒されていた。


bubble1


ぬめり。

体中を包む粘っこい抱擁。

表現し難い彼女の束縛に、俺は対抗出来ずにいた。


彼女の目がギラリと光る。

「なんで動けないんだ、って言いたそうですね、おにいさん」

「あ、あが・・・」

「ふふ、私の粘液にはですね、神経を麻痺させる効果があるんですよ☆」

体中に力が入らない・・・

自分でもわかる。

これは・・・まぎれもない・・・

死亡フラグだ。

「わ、わかった!降参!降参だ!!」

唐突に叫ぶ俺。

「なんですか?往生際の悪い」

「言い考えがあるんだ!これより東の地に、生者の力を真に引き出す宝珠があるんだ!それへ続く道の鍵を俺は持っている!こ、これと引き換えに、命を助けてくれ!」

「へえー・・・」

お?これは興味アリか?

「頼む!これで俺の命を、おおおあっ!?」

「・・・うるさいですね」

喉に彼女の粘液が浸入して・・・声が・・・

「あは、飲んじゃった」

見下ろす彼女は、最早さっきまでの敵ではなかった。

それは、あくまで捕食側の表情を浮かべていた。

「動けないですか?・・・あはは!」

「」

ぴくりとも動けない俺を嘲るように見下げ、彼女は続ける。

「あのですね、最初から交渉の余地なんて無かったんですよ?あなたは私の餌で、ただの栄養に過ぎないんです。」

「それなのに、必死になってそんな大切なことも漏らしちゃうなんて。クスクス、ほーんと、可愛い生き物ですよね、人間って」

「大丈夫ですよお、おにいさんが今まで培ってきた力は、全部私が吸収してあげますから♪」

・・・!

いやだ・・・いや、いやだぁ・・・!

ダメだ、やめてくれ・・・!!

「はぁい、いただきますよお~?」

体中にまとわりついた粘液が、蠕動し始めた。

じっとりと衣服を透過し、性器へ・・・

「・・・っ!」

じゅるり・・・

尿道へ、肛門へ、粘液が逆流してくる・・・

奥へ奥へ移動する彼女自身、粘液は、どうやら俺の中で徐々に拡散しているようだ。

「あっ !」

ふいに、前立腺を包まれる感覚。

「はあい、おにいさんのココ、いじめちゃいますよお~♪くにくに~」

身体中の力が抜けていく。

「ふあぁっ・・・!」

「あは、変な声だして~・・・いいんですか、そんな感じちゃってて」

クスクスと不適に笑う彼女。

おかしい。

疑問と同時に、何か大切なものが溶け出す感じが胸をよぎった。

嫌な感じがする。

このままでは、もう取り返しがつかない、そんな感覚・・・

唐突に、ジーンと下半身を打つ脈動。

「く、くぁああっ・・・!」

気づいた時には、俺は無様に射精していた。


bubble


「・・・きゃっ!」

どくっ、どくっ、どくっ・・・・・

困惑するバブルスライム。

彼女の粘液の中で、ペニスがおもむろに暴発した。

「もう、射精しゃったんですか?・・・あはっ、情けないんですね・・・」

「ぐっ・・・」

ぷるぷるした粘液の中で、溶けいくザーメン。

「でも大丈夫、この精液も無駄にはしませんから・・・☆」

・・・えっ?

次の瞬間、彼女の中に溶け出した精液が、粘液に溶出し。

全身が、彼女の全身が、光を帯びる。

俺は、彼女が格段にレベルアップしたのが理解できた。

「あは、気づきましたあ?あなたの力、私のものにしちゃったんですよぉ?」

「ちょっと自分の筋力が弱まったと思いません?あなたの持つ力、私が吸っちゃったんです♪」

・・・は?そんな馬鹿な・・・

だが、確かに肉体が一回り小さくなっているような・・・

「そ、んなぁ・・・」

見上げると、満面の笑みで覆いかぶさる彼女がいた。

「せっかく、一生懸命レベルを上げてきたのに、残念でしたね☆おにいさん?」

そう、既に決していたのだ。

彼女と対面した時点で、俺の末路は。

「チューしちゃいますよお?ほら、舌・・・だしなさい」

なおもグチュグチュと、刺激を止めない股間の粘液。

溶かしだされる・・・っ!

奪われてしまうう・・・俺の力が・・・!

今までの俺は・・・?

今まで生き、成長し、鍛えてきた俺の、俺の意味は?

レゾンデートルさえ無慈悲に、

無下に無かったものにしてしまうのか・・・?

嫌だ。

嫌だ、嫌だぁああ・・・っ!

胸の奥底で、ふつふつと・・・湧き上がる・・・

否定するドス黒い感情に―――

―――身を、任せた。

(Yes) or  (No)

プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

※現在、新規のイラスト等ご依頼は承っておりません。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

※現在、新規のイラスト等ご依頼は承っておりません。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

バナー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR