FC2ブログ

ドエムハザード―1


1、少将坂村:空手の使い手


俺様の名は坂村だ。

今まで何百というヤツらをボコってきたが……女をボコるってのは初めてだな!

可愛そうだが手加減はしねえ、サクっとボコって試合終了だぜ!

俺は目の前のまぬけそうなビッチに声を掛けた。

suc.jpg


「待たせたな!まさかノコノコこんな所まで来るたあ、まじでバカなビッチだぜ!」

「……何いきなり?あ~ハイハイ、あんたもボコって欲しいわけ?……ほんと、次から次に沸くよね。雑魚って」

「……はあっ?」

「まぬけそうな面。いかにも噛ませ犬ってカンジだよね、あんた」

「」

「ほら、早く来なよ……ボコボコにして、私の靴の裏でも舐めさせてあげる。」

ペロリ、と舌舐めずりする京香。

「……んだとこらあああああああああくぁwせdrftgyふじこおおおおお!!!!!!!!!!!」

俺は速攻で飛び掛り、足のバネを使い懐にもぐりこんだ。

もうどうなってもしらねえからな!

一気に距離を詰め、顎に一撃必殺の拳を突き出す……!死ねクソ女あああ!

「ふふっ……ちょっと煽ったらこれだからね……男ってタンジュン」

女が冷めた笑いを浮かべた。

俺は目を逸らさなかったはずだ……

にも関わらず、目の前の女は、確実に瞬間移動した。

消えた……

この速さ、人間業じゃない……!

「なっ……!」

「ふっ!」

ミニスカート。

俺の顔面目掛けて、女の脚。

すらっとしてて……ニーソとのコントラストが、エロい……

ドゴオッ!!

sakamura1.jpg


「~~~っ!」

すさまじい衝撃と、そして視界を真っ白なフラッシュが襲った。

空が回って、立ちくらみのようにぼやける……

あれ……?

身体が、地面の上に仰向けで転がっていた。

なにがなんだかわからない……や、やられたのか?

ドスッ!

「おええ……っ!」

「あははっ♪見た目通り、マジで弱いんだね、あんた」

ドスッ!ドゴォッ!

女の脚が、思い切り俺の鳩尾を踏みしめた。

くらくらする頭の中で、女の憎たらしい脚……白と黒のエロい脚だけが目に映った。

「ぐぅっ……てめえっ……!!」

短いスカートの下で、下着が見え隠れしてやがる。舐めやがって……!

「でかい図体して、つくづく私みたいな女子にボコられるのが好きだよね、キミ達って。男ってみんなマゾなわけ?」

女のか細い脚が、ぐりぐりと踏みしめる。

足裏で、俺のことを、まるで……まるで、虫けらみたいに……!

「ほ~らっどうしたの?もう降参?」

黒光りする革靴を、挑発するように揺さぶりながら問い詰める京香。

「ほれっほれ♪」

「……っ!!」

殺してやる……!!

sakamura0a.jpg


カッと頭に血が上るのを感じる前に、勝手に身体が動いた。

脚を払うと、サッと横に転がり距離をとる。

後ろ手に宙を掻いて、片足を軸に回し蹴りを即座に放つ。

―ー―獲った……っ!

後頭部を確実に、薙ぐ!!

相手を女子中学生とも思わぬ、容赦の無い蹴り。

回転しつつ、しかし俺の脚は虚空を切った。

「なっ……に……!」

女は放たれた攻撃をかいくぐると、俺と同じ動きで回し蹴りを仕掛けてきた。

……くっ!だがこの距離だ、当たるわけが……

なんとか目線の端に、形を変えて迫る脚を捉える。

「っ?!」

女の足首が、クンッと曲がる。

しなったつま先が、届くはずのない俺の横腹に、蛇のように伸びる……

スローモーションのように、女の細い足首が、グサリ、と音を立て突き刺さる。

「……くかあぁっ!」

sakamura22.jpg


ズズッ、という鈍い音が脳内に響くと、空気が肺からすべて抜け出た。

なんて重さ……!

こんな蹴り、女が出来る訳が無え……!ありえねえだろ……っ

くそ、動けんっ……!!

「はい、終わりだね」

もがく俺の頭上から女の声が聞こえる。

「ぷっ……マジで雑魚じゃん」

京香はだらしなく這いつくばった俺の襟首をつかむと、上に引っ張り上げた。

ぶらり、と難なく宙吊りにされる俺の身体。

「年下の女の子に力でも勝てないって、恥ずかしくないの?ほれ♪」

パシっパシっ!

京香はニヤつきながら、痛みに引きつる俺の顔を、手の甲で打つ。

捕らえた獲物をいたぶる様に、何度も、何度も。

「あはは、なにその悔しそうな顔!必死すぎなんだけど」

憎たらしいほど可愛らしい顔が間近に迫り、俺を見下げてくる……

光を反射し揺れる長髪の中に、完全に敗北者をながめる目。

それはもはや、哀れみすら含んでいた。

「ミジメだよね?相手にすらならないと思ってた女の子相手に、ブザマに脚で蹴りとばされて一撃♪」

「一回りも小さな女子に、まさかこんな風にあっけなく負けちゃうなんて。想像もしなかったよね?」

「ううっ……!!」

思わず目線を逸らせてしまう。

「さっきの回し蹴りなんてキレが全くないし。もしかしてスカートの中、気になってたんじゃないの?あはは♪」

スカートをパタパタと扇いで見せる京香。

その時……心の隅で、これで決着がついた事に気づいてしまった。

今の俺なんて……狐に追い回されるウサギ以下だ……

「パンツが見たいなら、初めから土下座でもして頼んでくれればいいのに♪」

だが……これで終われるわけ、ねえ―――!

「……っりゃああああああ!!!」

宙吊りにされたまま、俺は女の顔面に頭突きをかました。

「わわっ!」

ボスッ!!

「むぐっ!?」

sakamura03.jpg


だが……重心が定まらず、俺の頭は女の胸に思い切り突っ込んでしまった。

「もう……なに?あんた、ヘンタイなんじゃないの?」

事態に気づき、とっさに離れようと暴れる。

「……もがっ!?」

フワッ……

甘ったるい香りが、胸の間から漂ってくる。

視界がピンクに染まり、とろけたようになってしまった。

「ふふっ……」

ガシィッ!

京香は、一瞬動きが止まった俺の両手首をつかみ、逃げられないよう動きを封じる。

「んうう(放せえ)……」

胸に挟まったままの俺の顔は、どんなに緩んでいただろう。

思考がだんだんと、桃色の霞に溶けていった。

「あ~あ、大人しくなっちゃった」

柔らかく顔を包む胸の感触。

「ココの匂い嗅ぐと、男子はみ~んな動かなくなっちゃうんだよね……」

おっぱいの谷間の匂いを吸うと、猛烈な性欲が沸き上がってきた。

「あは♪なんか赤ちゃんみたいで恥ずかしいね。本当に男って、女がいないとダメな劣等動物♪」

「ぁ……ぁ……」

そう言うと京香は、俺の股ぐらに脚をすっ、と差し入れてきた。

そのままの姿勢で、俺の身体全体は京香の片脚の上に寝そべってしまう形になる。

「さっきまで、あんなに暴れてたのに。もう反抗しなくていいんですかぁ~?」

そう言いながらも、胸を反らせ、乳の匂いを吸い込ませてくる京香。

「んへぇぇ……」

イヤラシイ匂いに脳髄が痺れて……俺は一体どうなっちまったんだろう?

甘えたい……

くそっ……意味わかんねえっ……!

俺を負かせた、憎い女相手なのに……

スリスリと、無意識のうちに差し込まれた少女の脚に、股間を擦りつけながら―――

ピンクの快楽に包まれて、俺はよだれを垂らし、悦に入っていた。

「自警団の暴れ馬も、おっぱいでカ~ンタンに手懐けられちゃったね♪ほらほらっ!」

ドスッ、ドスゥッ!

「んっ、んぐうっ!」

sakamura444.jpg


京香が脚先を上下にポンポン蹴り上げる。

同時に、俺の股間も京香のすねに蹴りあげられ、痛みに呻き声が漏れてしまう。

「ほらほ~ら、金玉リフティングですよ~♪」

ドスッ、ドスッ!

「やっ!あう~っ」

「嫌なの?蹴るの止めて欲しい?……そうだよね~、男のシンボルだもんね」

ドスッ、ドスッ

「私みたいな年下の女子に、色気で呑まれて、ちんちんボール扱い♪」

ドスッ、ドスッ

「悔しい?悔しいよね?ふふっ……」

「でもおっぱいの匂い嗅いでると、そんな刺激でも感じてイっちゃうんだよねっサイコー♪」

「ううっ……うあぁ~っ!」

いいように、か細い白脚に跳ね上げられる俺の身体。

しかも相手は年端もいかない女子中学生だ。

だがしかし、制服姿の少女の足先ひとつで……

自警団の幾千練磨の武術家は、為す術もなく踊らされていた。

「ほら、ほら♪年下の女子に負けた上に、蹴られてズボンの中で射精♪」

ドスッ、ドスッ!

「下半身が痺れちゃって……もう降参でしょ?ほら、バンザ~イ♪あはははっ」

「あっ、あっ♪ううう~っ!」

「鳴き声きもち悪っ……ほら、いいから精子漏らしてっ」

ドスッ、ドスッ!

「おっぱいに捕まって、だらしな~~~く赤ちゃんお漏らし♪うりうりっ」

ドスッ!ドスゥッ!!

「ほら、ほら、ほらっ!漏らせっ!負け犬!」

「あっ!あああ~、あっ、ああっ~~!」

ドゴオォッ!!

京香が思い切り脚を蹴り上げると、俺の身体は宙に舞った。

sakamura4dash.jpg


ドクッドクッドクッ……

「おおっ、おっ~……」

ひっくり返りながら、ペニスの奥から漏れでてくる精液を止めることはできず。

白目を剥いて、俺はズボンに盛大に染みを作った……





「は~い、お洋服脱ぎ脱ぎしましょうね~?」

「や、やめっ……」

カチャカチャとベルトが慣れた手つきで外され、スルリとパンツが脱がされていく。

抵抗する間も与えられず、俺は生まれたままの姿にされた。

「きたなっ!漏らしすぎでしょ~コレ」

「あっ、あっ!」

足先で、ペニスの先がツンツンと蹴られる。

「うがあっ~!!」

「はい捕まえた~♪」

sakamura5.jpg


京香が突然、ぎゅっ、と革靴でペニスを踏みしめる。

体重をかけられたペニスが、靴底でぐにゃりと変形した。

「うわ~泥だらけになっちゃうね、これ」

「やめろ、やめてくれ……」

精液と泥で、ぐちゃぐちゃになったペニスを踏みにじる京香。

「とか言いつつ、しっかり硬くなってるんですけど?」

ぐりぐりっ……!

「ひぃんっ!」

「あはは、なにその声!きも~い♪」

「簡単だよね~男の世話って。靴で踏み踏みされても気持ちよくて、喜んじゃうんだもんねっ?」

「よせ、やめろお……!」

「ペダルを踏むと……精液がトロッと出ちゃいま~す♪ほらっ」

ぐりいいっ……!

「あっあああっ~!」

「あ、亀頭が張ってきた。汚~い負け犬ペニス、また爆発しちゃうのかな?ん?」

「やめて……」

「は?やめるわけないじゃん、バーカ。あんたみたいな物知らずは、女の子の脚でイっちゃうのがお似合いなの」

「ぐっ……あおお~っ!」

「泥まみれの、ばっちい雑種犬ちんぽ。足裏で、こ~んな風に♪」

ぐりっ、ぐりいっ……

「飼い犬の靴に、ちんちん擦り付けて……マーキングしないとね?」

「うう、あっ!あああ~っ!」

「自分で腰動かしてっ私の靴と交尾するの……あははははっ♪そうそう、いい子だね~♪」

「ほら、漏らすよ?靴に踏んづけられたまま、どぴゅっどぴゅって♪」

「おっ、おっ……おああああっ~~~!!!」

「はい、発射~♪」

「~~~~~っ!!!」

sakamura5dash.jpg


どぷっどぷっどぷっ……

体重を掛けられたつま先を押し返さんばかりの勢いで、脈動を始めるペニス。

その途端、視界が布のようなもので覆われ、まっくらになった。

フワリ……といやらしい香りが胸一杯に広がる。

頭に当たる膨らみ……これは胸なのか?制服の中に頭が突っ込まれている?

と同時に、両足を抱え上げられ……まるで赤ん坊が小便をさせられるような体制にさせられる。

屈辱的な格好をさせられているのに、射精は収まる気配をみせなかった。

「ほ~ら皆さん、汚いちんぽがビクンビクンしてますよ~♪」

京香が何かに見せびらかすように、高々と俺を抱え上げる。

「はい、このままおしっこも漏らしま~す♪」

「っ……!」

京香が声高に宣言すると、俺の腰をゆさゆさと強く揺すり始める。

「ちんちんフリフリ~♪なっさけな~い」

残った精液がピピッ、と雫を垂らす。

放尿を促すように、下半身がシェイクされる。

濃厚な香りを吸い続け……背筋がじ~んと痺れてきた……

「ほら、もっとおっぱいに甘えて?うんうん、いい匂いがするね~」

花の蜜に誘われる蜂のように、ふらりと胸の谷間に吸い寄せられる。

いつの間にか……夢中で乳房にすがって、鼻をくっつけて、肺一杯に匂いを吸い込んで……

「力を抜いて……男子はおっぱいには敵わないの……」

「あぁぁ~……」

いい匂い……

「みんないい子になっちゃう……おっぱいの前では赤ちゃんになっちゃう……」

ゆさっゆさっ……

「赤ちゃんになるんですよ……甘えん坊さんになりなさい……」

「あ~~~……」

「ママの前では、おしっこがでちゃう……ガマンできないの……」

ゆさっゆさっゆさっ……

「ほら、おしっこシーシーしなさい……?ママが、見ててあげますからね~」

「う、う~っ……!」

腰が抜けたように、じんわり暖かくなってくる……

「出まちゅよ……もうおしっこ、出ちゃいまちゅよ~……」

力が全く入らない……

すると突如、糸が切れたかのように―――



チョロチョロチョロ……

「はい、一丁あがり~!うわ、ほんとに漏れてるし、しかも大量♪」

―――無意識に、尿が漏れていた。

女の細腕につるしあげられ、無様に尿を噴き出す……

「どんだけ溜めてたの~?うっわ……マジ恥ずかしいね、コレ」

牙を抜かれた狂犬は、もはや成す術も無く……

「これしてあげたらみ~んな漏らすもんね、男って。ホント同じ反応で、面白~い♪」

目には光を灯さない……完全に少女の人形と化したものへ成り下がっていた。





ビデオカメラで一部始終を撮影されていたと彼が知ったのは、それからさらに三日後のことだった。

坂村は、見知らぬ差出人から一通のメールを受け取った。

メールに添付された動画ファイルには……自分が惚け顔で、あどけなさの残る女子生徒に蹂躙される、あられもない姿が映っていた。

メールには、とある指示がしてあった。



動画を人質にされ、坂村は自警団を抜けた。

そして彼は、新たに部隊に迎え入れられた―――

京香の率いる、歩兵部隊として。

だが、敗北を知った彼の拳は……二度と返り血に染まることは無かったという。


………………

…………

……

なんすかこれえええ!なんっすかセンパイこれは!

ドM御用達ゲーじゃないすか!ヤダー!!逆にボコられてるんすけど!

え、勃起?しないよ!全然しないよ(震えg)

でも、なんか……

こういうのも、いいかも……ゴクリ



YOU LOSE




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近SSの更新が多くてうれしい!しゅごい!

Re: No title

> 雪見様

最近エロシーンは酒がないと恥ずかしくて書けないwwしゅごい!

わーい!

ボコられ最高!
土足靴コキ最高!
腹側に踏みつけるんじゃなくて地面側なのがまたよいのです。

Re: わーい!

> うちわ様

ありがとうございます!2013は逆リョナの時代だ!!
プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

バナー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR