FC2ブログ

バブルスライム娘 Yes

→Yes


ざらりとした大きな舌に撫で回されるような不快感と、苦しさ。

どす黒い感情が、めまいを覚えるほどに、身体の表面から内部へ揺さぶりをかける。

絶え間なく続くぶよぶよした圧力は、苦しさを生むほどに、俺の感情を逆なでした。

そこで、開く必要のない眼を、開けた。



その後は、よく覚えていない。

というのは、急激な感情、あるいは心の収束を感じたあと―――

―――洞窟の入り口に横たわっていたところを、行きずりの旅の商人に起こされたためだ。

あれは、死の息吹を間近に感じたあの経験は、本物だったかどうかは定かではない。

しかしながら、今こうして呼吸し、存命している事実だけで、俺の胸は張り裂けんばかりに幸福に打ち震えていた。

あれは悪夢だったのだ。

何かを伝えんがためのメッセージ。

俺は後ろを振り返った。

澄んだ青空が、俺の頬を照り返す。

俺は、俺の行く末を考え直す時間を、たしなめる時間を、こうして与えられた。



end




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

バナー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR