FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C

分岐C、彼女たちがなぜこんな事をするのか尋ねた。



「な、なあ……なんでこんなこと、俺にするんだ……?」

とっさに口から洩れた、不条理に対する疑問。

眼前の少女ははたと動きを止めた。

「へえ、おじさん変なコト言うんだね」

尻尾をぷらぷらさせて、俺の顔をまじまじと見つめる。

「う~ん……おじさん、私におちんちん吸われたくないのかなあ?」

「お兄さん、私たちに気持ち良くしてほしくないんですか……?」

「い、いやあそうじゃなくてだな……どうしてこんなことをしているのかを聞きたいんだ。」

言葉を紡いだ俺は困惑していた。

正直、気持ち良くなりたいという欲望は隠せないでいた。

だが彼女たちはどうみても異常だ。

彼女たちが現れてからの周囲の様子も、なんだか不自然に無関心を装っているようで気味が悪い。

どうにかこの場を凌ぎ、平穏を取り戻さなくてはいけない。


「やはり全部をお話するのは、ここでは……無理、ですね」

黒髪の女性ははにかみながら告げる。

「それはねえ、おじさんがおいしそうだからだよ?」

少女がにやにやしながら俺の首に腕を回す。

甘ったるいような妖艶な香りが鼻をくすぐる。

「ね……一緒に、きもちよくなろ……?」

少女の手が軽く爪を立てて首筋をなぞる……

ぞくぞくとした寒気に似たものが身体の芯を走りぬけ、抜け出しがたい快感に身をよじる……


だ、だめだ!

俺は元の生活に戻るんだ、ここで道を踏み外してはいけないんだ……!

「た、頼むよ!俺じゃなくてもいいだろ?俺は勘弁してくれ!頼む、他をあたってほしいんだ」

俺は少女の抱擁をやんわり振りほどくと、ズボンを履き直しイソイソと逃げようとした。

「あ、ちょっと!」

「お兄さ~ん、どうしたんですか……?」

さっきまで受けていた快感に、髪を引かれる思いがしたが、もう過ぎたことだ。

もう過ぎたことなんだ……


俺は別車両に移動するべく、踵を返して走り出した。

客をかき分けているうちに気付いた……

客の動きがどこかおかしい。

なんだか自分に気付いていないというか、存在を知らないような……

とにかく俺は夢中で人ごみをかき分け進んだ。

しゅるっ……

「逃がしません……!」

「なっ!」

右腕の手首を強烈に締めつけられる。

見ると、黒髪がしっかりと巻きついて離れない!

振りかえると、先ほどのリクルート女が、恐ろしい形相でカツカツと足音を立て近寄ってきている。

彼女が頭を振ると、髪が次々にこちらへ向かって襲いかかってきた……!

「う、うわああああああ!!」

俺はもう半狂乱になって腕に絡む髪を外そうとするが、あまりに強靭に結ばっており外せない!!

その間にも次々に女から伸びた髪が足や首元に絡まってゆく。

「おじさ~ん?」

ぎくっとして振り向くと、そこには後ろにいた筈の少女が、目の前でニヤニヤと笑っていた。

「逃げちゃダメでしょ?……えい!」

少女は両腕を突き飛ばすようにして俺の胸元を押した。

「う、うわ!」

俺は後ろ向きに倒れこんだはずだった。

「な……?!」

だがそこには床はなく、ただただ真っ暗闇の巨大な穴。

ブラックホールに吸いこまれているのかと錯覚を起こしてしまいそうだった。

奈落へむかう落とし穴へ落ちるように、俺は地に落ち続けた―――





……ドスッ!

全身を殴打されたかのような重い衝撃が走る。

腰がしびれるように痛い。

いったい何があったんだ……

恐る恐る辺りをまさぐると、手のひらが冷たい床に触れた。

「ここは……?」

見まわすと、一面の石畳に、壁には欧米風の装飾がそっけなく飾ってある。

なんだか城の地下にいるみたいだ……

ぼうっと揺れる燭台の炎は紫に揺れ、妖しい雰囲気を醸しだしていた。

コンッ……コンッ……

……!

遠くのほう、闇の向こうで物音がした。

誰か来る……?

俺は慌てて逆の方向に這いずり回り、部屋の隅に階段を見つけた。


通路はなんの灯りもなく、俺は手探りの状態で四つん這いになりながら階段を駆け上がった。

なんでこんなことになったんだ……

俺はこんなこと、心から望んだわけじゃないのに……

日常を思い浮かべると、自然と涙で視界がゆがんだ気がした。

……そうだ!

会社に連絡入れないといけないじゃないか!

俺はズボンのポケットから携帯を引きずり出した。

さっさとこんな気味悪いとこから逃げて出社しないと……

俺は携帯の画面を開いて、俺はため息をついた。

やはり電波が立っていない。


「おじさん、何見てるの~?」

……!!!

「おっ、おわあああああああああ!!!」

誰かが携帯の画面を覗きこんできた。

あの電車の制服少女だ!

「うわあああああああああ!!!」

余りの驚きに飛び上がり、俺は一目散に駆けだした。

い、一体いつの間に現れた……?

やみくもに階段を駆け上がる。

途中で靴が脱げ落ちたが、構わず走り続けた。

汗でシャツが身体にぴたりと貼りついていて気持ち悪い。

携帯の光に照らされて浮かぶ少女の顔が目に焼き付いて離れない……



「ハア、ハア、ハア……」

やがて階段通路から抜けた俺は、めまいを覚えながら地面に尻もちをついた。

なんだ、ここは……

まるで、テレビなんかで見る本物のお城じゃないか……

そこはだだっ広い城のような場所だった。

石の壁、鎧の飾りもの、シャンデリア、馬鹿みたいに長い絨毯……

壁の一面は巨大なガラス張りになっており、外の景色が見渡せた。

だが外を眺めてみても、夜のような真っ暗闇が広がっているだけ……

さっきまで日が昇ったばかりだったはずだ。

ここが本当に日本なのかも疑わしくなってきた。

「あらあら、お兄さんこんなところにいたんですか?」

「ひっ!」

ギクリとして顔を上げると、目の前にあの長髪の女が立っていた。

真っ黒なドレスに包まれて、慎ましくこちらをみて微笑む。

息をのむほど美しい―――

「やだな~おじさん、そんな怖がらないでよ~」

背後を振りかえると、例の少女が階段から出てきたところだった。

「ねえ……おじさん?私、なんか悪いことでもしたかなあ?」



腰から尻尾を取りだすと、顔の前に近付ける。

尻尾に指をいれ、くちゅくちゅと卑猥な音を立てていやらしくかき混ぜ……

ちゅぷっ……と指を抜くと、粘性の汁が糸を引いた。

「おじさんも、本当は私とイイコト、したいんでしょ……?」

少女が上目づかいで詰め寄ってくる……

「く、くるなあ!」

俺は後ずさりしながら必死に抵抗を示した。

トンッと背になにかがぶつかる。

肩に腕が回ってくると、あの思考を鈍らせる忌まわしい匂いがした。

「おにいさん……私のこと、おきらいなのですか?」

「くっ、離せ……!」

俺は腕を振りほどくと、絨毯の続く方へと駆けだした。

こんな化け物に捕まってたまるか……!

俺は元の生活に戻るんだ―――

だがそこで、ふと危うい疑問が脳裏をよぎった。

仮に元に戻れたとしても、そこに俺がいる意味はあるのか……?

あのまま居続けても、何か自分を生きたといえることが見つけられたのだろうか……?

変化を求めていたのは自分自身だったのではないのか……?

俺はどこかでこの疑問が本質を射抜いていたことを知っていた。

だから俺は逃げ出しながらも、わずかに躊躇の心があったのを隠せないでいた。


「ああ~!おじさん逃げるな~!」

「待って下さいお兄さん!」

逃亡する俺の背にかけられる声。

と同時に、背筋にぞくぞくとした緊張が走った。

俺はとっさに振り向く。

まばゆい閃光が二つ、こちらに向かって放たれていた……!

これは……?

一体、この光は―――



分岐C-1、俺はとっさに身をひるがえし、青い光を避けた。
分岐C-2、俺はとっさに身をひるがえし、赤い光を避けた。
分岐C-3、二本の光は互いに収束しあい、渦を巻いていた。
分岐C-4、二本の光は互いに発散しあい、渦を巻いていた。
分岐C-5、二本の光は互いに共鳴しあい、渦を巻いていた。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

バナー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。