FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B

分岐B、暴言をはき、喚き散らした。



「な、なんなんだよ!お前らああ!!」

「キャッ!!」

背後の女が驚いたように退く。

もうどうでもいい、調子に乗りやがって!

……こいつらに制裁を下さねば!

「このクソ女共が!」

俺はそう言うと、目の前の制服少女の肩を鷲づかみにし、制服をはぎ取った。

「おら、たっぷり味わえよ」

もはや外衆の目など眼中にはいらない。

ペニスを無理やり少女の中に―――


「……んがああああああああああああああっ!!」

ドピュッ!ドピュッ!

叫び声をあげたのは、俺の方だった。

なんだ??

唐突にやってきた快感の鼓動に、全身がひきつっているのがわかった。

……息が、呼吸が……苦しい!

俺は射精、してしまったのか……?

「はあ~……おじさん?ただの人間が、そんなことしたらどうなっちゃうか、わからないかな~」

少女はふるふると首を横に振る。

「え……?ふああああ、あっ!!!」

ドピュッ!ドピュッ!

あああ!なんで?射精が止まらない!!

膣の中が蠢いて……!なんだ、異常に気持ちいい!

「人間が淫魔のアソコに耐えられるはずないよ……あ~あ、こりゃ壊れちゃうかもね」

「なっ……ああっ!あああん!!」

さっきまであんなにイきたかったのに……

ドピュッ!ドピュッ!

いつまでたっても射精が、終わらないよお……!


「や、離れろっ……!てんめえ!」

俺はなんとか少女の魔の膣からペニスを引き抜こうとする。

しかし、彼女の膣がきつく締めつけているうえ、身体に力が入らない。

いやむしろ、身体が自ずから快楽を得ようとせんがため、そうしているような……

「どけえっ!このアマ、あああ!あっがあああああ!!」

ドピュッ……ドピュッ……

声にならない声をあげ、俺はなんとか抵抗を試みる。

制服少女の背後で股間丸出しの男が、ペニスを挿入したままもがいているその姿は

目に映る誰にとっても惨め極まりないものだっただろう。


「やだよ~!君生意気だもん、ちょっとお仕置きしないといけないよね?」

少女の中がぶちゅぶちゅ、と音を立てて、俺のペニスを羽交い絞めにする!

「んがあああああああああ!!!!」

ドピュッ……ドピュッ……

目の前がチカチカする。

もう駄目だ、死ぬ、死んでしまう……

「だ、誰か助けでえ……!」

俺はこんな状態であるにも関わらず、周りに助けを求めていた。

もうこの快楽地獄から抜け出せられればどうでもいい!誰か……


……?

なんだこれは……?

周りの人間が見動きひとつしていない……

窓から見える景色も完全に止まっているようだ。

あり得ない話だが、時間がまるで止まっているかのような……?


「あら、今更気付いたんですか?……周りの時間が止まっていることに」

「……?」

黒髪のリクルート痴女、そいつが車両の端にいた。

不気味なことに、彼女の背には大きなコウモリのような翼が生え、長い尻尾がゆらゆらと揺れている。

「それでは後はお好きなように。私はここで失礼しますね」

「うん、じゃあね~!」

少女に声をかけたサキュバスのような姿の女は、かき消されるように姿を消した……


「ほらほらあ、全部搾っちゃうからね~!」

「あ、ああ……動、くなあ……!」

パンッ!パンッ!パンッ!

膣の動きに加え、強烈なストローク運動で痛いほどの快感がペニスに送られてくる。

少女の腰がグラインドするたび、いやらしい水音が辺りに響いた。

ドピュッ……

「ふわあ……ああ……」

耳鳴りがガンガンと脳を揺らす。

ガクガクと腰くだけになり、がくりと膝をついた。

「あはっ、可愛い~!もう放心状態って感じだね」

そこで彼女はジュポッと音を立て、ペニスから腰を引いた。

ついに真っ赤に腫れたペニスが、汁を垂らしながらダランと抜けた。


「あ……ああ……」

やっと、やっと解放された……!

俺はあまりの安堵感に、涙さえ流しながら喜びをかみしめた。

「わたしってさ、ちょっといじわるみたいだけど、ほんとはそんなことないんだよ?」

少女は俺の顎を指でくいっと上げながら、優しく微笑んだ。

「まあ君の精液はおいしかったし、今日は解放してあげるよっ」

そういうと、俺の唇を唇でふさいできた。

濃厚なキス……

くちゅくちゅと舌を吸われ、唾液を流しこまれる。

「……だから私のこと……嫌いにならないで、ね?」

目をじっと合わていると、もう彼女が愛おしくてたまらなかった。

この少女のためなら死ねる……

俺はこの少女のためなら何でも出来る……!

脳までも溶かされるようなキスを交わした後、少女はゆっくり糸を引きながら顔を離した。

「じゃあね~おじさん、また来てあげるからね」

そう言うと、手を振りながら少女は踵を返した。

かと思うと、霧の中に姿を消すかのようにいなくなった。


辺りに拡がる静寂。

俺はただ、快感の余韻に浸ったまま、顔を呆けさせていた……

―――どこかでパチン、と指を鳴らす音が聞こえた。


「……キャア~~!!痴漢!!!」

突然、若い女の金切り声が周りに響く。

ぼんやり辺りを眺めると、多くの人間が俺のことを指さしている。

当然だ、下半身丸出しの汁まみれになった男が、床に膝をついて呆けているんだから……

サラリーマン風の男たちが、総出で俺を捕まえ、ホームに引きずり出していく……

ケータイのシャッターのような音があちこちから聞こえてくる。

じょろろろ……

「うわ、こいつションベンもらしてやがるぞ!!」

車内から悲鳴や怒号、嘲笑の声が響く。

俺は力なく、床に失禁していた……

頭のなかでクスクスクス、と少女の楽しそうな笑い声がこだまする。

「……大丈夫だ……」

俺は呟いた。

俺には、あの少女がいるんだから……

見知らぬホームに放り出された俺を置いて、電車は出発した。





通報END

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

バナー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。