FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A

分岐A、彼女達の誘惑に甘んじた……



「ああ……」

俺は抵抗することをやめた。

もう耐えられない……はやく、はやくイかせてくれ……!

「うふふ、もう駄目え~って感じですね。」

「それじゃあ、おちんちんさん頂きますよお~?」

ちゅぷっ……

少女の艶々と黒光りする尻尾の先端が、涎の糸を引きながらくぱっと拡がる。

亀頭の先端に、まるで鼠を前にした蛇のように迫ってくる……

「えいっ」

ぷちゅるううう……!

「うっ……あああああああああっ!」

中がぐちゅぐち渦巻いて、猛烈に精液を吸いだしてくる……っ!

電車内だというのに、人目もはばからず声が、ああ、我慢出来ない!

精液が強制的に、吸われている!こんなの、耐えられるはずがない!

「あっあっああ……でるうう!!」

「うん、いいよおじさん。いっぱい出して?」

ぶちゅっぶちゅっぶちゅっ!

パンパンにいきり立ったペニスに、汁をまき散らせながら、尻尾が猛然とバキューム蠕動してくる!

「うっうあああ!」

ドプッドプッ……

身をわななかせながら、こうして俺は公の場で射精してしまった。

内股になった足をガクガクさせながら、俺は精を少女サキュバスに捧げたのだった。


「あははは!いっぱいでたね~お じ さ ん?」

「はあはあ……だから、おじさんじゃな……!」

ジュボッ!

「……っ!」

肛門に何か這入って……?!

「ああん、お兄さーん、私にもイかせて下さいよお」

背後のリクルートスーツ痴女が、俺の身体を拘束していた髪を肛門へ挿入したようだ……

腹に異物感が……き、気持ち悪い!

「ぬ、抜いてくれ!」

「嫌です、私にもお兄さんの可愛い顔、見せてくださいね?」


「だ、誰か助けて……!」

恥も外聞もなく、俺は周囲に助けを求めた。

こうなってしまったら仕方ない。

だがおかしなことに、周りの人が何の反応も示さない。

いや、それどころか見動きすらしておらず、時間が止まったようにも見える……


「あはは、お兄さん、今更気付いたの?」

訝しんでいると、眼前のショートカット少女がニヤニヤしながら話しかけてきた。

「もう周りのヒトたちの世界と遮断しちゃったんだよ?もう誰も、私たちに干渉なんて出来ないんだよ」

「……え」

にわかには信じがたい話だったが、この光景を見てしまえばもう信じるしかなかった。

「だから安心して、可愛い声で喘いでください、ね」

ぐちゅうっ!

「んがああああああああああああああああっ!」

髪が勢いよく肛門を逆流してくる……!

「前立腺見つけました~、いじめちゃいますよお?ほらほら」

「うわっ!あん、あああんっ!!」

ペニスの裏側あたり、触れられるたびにビクビク身体が勝手に反応してしまう……

「あはは、おじさん可愛い~!あん、あんだって」

「あらあら、乳首もピンピンに立っちゃって……男の子なのに恥ずかしいですね」

「ああっ!」

上半身が完全に髪に埋まってしまい、乳首がくりくりと弄ばれて―――

「はいおじさん?またちんちん吸っちゃうね?」

じゅぽっ!

―――ペニスをモノみたいに吸われ、肛門まで犯されるなんて……!

「あっ、あっ……きもち、いいよお……」

ぐちゅっぐちゅっぐちゅっ……

周りにはアナルやペニスを嫐る音と、俺のあげる情けない声ばかりが響く……

流れ出る涎も垂れ流しにしたまま、俺はあられもなくよがり狂った。

「あああああ~!また、でちゃうううう……」


どくっどくっどくっ……

粘った汁まみれのペニスに、卑猥な尻尾を搾乳機のように吸いつかせながらショートカット少女が笑う。、

「あは、早~い!早漏すぎだよおじさん?」

「前立腺をめちゃめちゃにされて、気持ち良かったのでしょう?うふふ、変態さんですね」

俺の身体を、後ろから髪で羽交い絞めにしながらアナルを犯すリクルート巨乳美女。

あまりの快感に腰が立たなくなってしまい、うつ伏せに倒れてしまう。

「なに~?腰が立たなくなっちゃったの?」

「ううう……」

「大丈夫ですよ、そのまま寝ていて。ほら、横になりなさい?」

ああ、このまま甘えていたい……

もはや日常から遠く離れた場所で与えられる快感に、身を浸していたい……


ぐいっ!

「……え?」

「あらあら、お尻もこんなにゆるくなっちゃって……」

なんと、彼女の腰には髪で出来たペニスバンドがぶら下がっていた。

屹立した真っ黒に輝く太いペニスは、俺の背筋を震え上がらせるのに十分だった。

それを俺の肛門にくっつけている……!

「や、やめ、て……!!」

「大丈夫、ほら痛くないですよ~?」

「う、むぐっ?!」

そう言うと、辺りに集まってきた髪が俺の鼻や口を覆いふさいできた。

濃厚な淫気を嗅がされ、全身が敏感になり、震えがとまらない……

「じゃあ入れちゃいますよ~」

「もが~っ!」

ズブッ!!

「……っ!!」

声にならない悲鳴を上げた後、今度はペニスに吸いついていた尻尾が急激にうねりだした。

「はいは~い、それじゃあこっちも搾るね!ぜ~んぶ出しちゃおうね、乳牛君?」

ぎゅぽっ!ぎゅぽっ!

「ふ、むぐ~~っ!」

すさまじいバキュームが始まった。

まさに今の俺は、搾乳機につながれた牛そのものだった。

それも、後ろからアナルを掘られ、前立腺で感じているというみじめ極まりない姿で……


「あん、よく締めつけますね~えらいえらい」

「あははは、もうちんちんがびくびくしてるよ~?またイっちゃうかな?」

「……んぐうう~!!」

ガンガン突かれる振動に踊りながら、俺は悟った。

俺は―――

「んがああああ~っ!!」

「あ、また射精するんだ?」

「いいですよ、またえっちで情けない顔、見てあげます」

「ん、んぐうっ……!」

ドピュッ……ドピュッ……

―――この快楽からは、逃げられない……





目を覚ますと、俺は冷たい石畳の上に寝転がっていた。

ここは一体どこなんだ……?

じめじめ薄暗くて視界が悪い……

「んぐう~っ!」

……!

ふいに、くぐもった男の声が隣から聞こえた。

な、なんだあれは……

鎖や管が何本も地面に向かって垂れており、そこに人間のような肉体が俯き加減にぶら下がっている。

腕や足は拘束具によって後ろに回され固定され、口には猿ぐつわをされているようだ。

薄暗がりの中で、その人間の男の細白い身体は不気味に浮きでてみえた。

そして何より……


「あらあら、今日もいっぱい溜まってますね~」

現れた女……あれは例の長髪の痴女だ、電車で遭遇した……!

だが尻尾のようなものに、羽まで生やして……まるでサキュバスみたいじゃないか!

「いっぱい出せそうですかあ?」

その女は爪先で、ぶら下がった人間の金玉を―――

ゴミ袋のように巨大に膨らんだ玉袋を、つついた。

「んん、んぐう~っ!!」

首を後ろにそらされた人間のようなものは、苦しそうにもがこうとしている。

「じゃあ今楽にしてあげますね?」

そういうと女は、天井からぶら下がったチューブのようなものをその男の股間にあてた。

チューブは男の股間……ペニスはよく見当たらない。いや、退化でもしているのか、若干突起のようなものは見える。

ずぼぼぼぼっ!

その小さなペニスに、自分からチューブが勢いよく風音を立てて吸いついた。

「んっぬごおお……っ!!」

ガシャガシャと鎖の音を立てて男がもがき暴れる。

だがやがて、暴れる力が弱くなり……


「うふふ……大人しくなってきましたね」

男の顔が快感にゆがみ始めた。涎をボタボタと床に垂らしながら、腰がひくひくと戦慄いている。

「……んごおおおおっ!!」

じゅぼぼぼぼっ!!

けたたましい水音をたて、チューブが男の精液を吸っている……

「ぜ~んぶ、だして下さいね~」

女がしゃがんで、事務的に男の金玉を両手で握っている。

まるで逆手で行う乳搾りのように、手慣れた手つきで男の玉袋をぎゅうぎゅうと交互に揉んでいる。

「んごっ!んごおおっ!!」

そのたびに男は呻きをあげ、精液がチューブに吸い上げられているのがわかった。

チューブの吸引音がおさまってきた頃、男の玉袋は明らかに小さくなっており……

男は頭をだらんと垂らし、もはや生きているのかもわからないように憔悴しきっていた。


「あ、終わった~?」

突如、あのショートカットの少女が現れた。

女と同様に、尻尾とコウモリのような翼を生やしている。

「はい、たった今全部搾り終えました」

「りょーかい、じゃあ……口あけろ、牛」

少女は冷たくニヤっと口の端をゆがめると、その哀れな男の頭を強引に持たげさせた。

片手で猿ぐつわを解くと、股間を男の口に押し当てる。

「ほら、餌だぞ……残さず呑めよ?……んっ」

少女は目を瞑り、ぶるっと震えると……


ちょろちょろ……

なんと、男の口へむけて放尿し始めた!

それを男はさも美味そうに、というより恍惚とした表情で飲み干していく。

その扇情的な情景に、俺は目が離せずにいた。

放尿を終え、顔を股からとおざけようとするが、男はまだ呑み足りなさそうに舌をせわしなく動かしている。

「んっ……こら、いつまで舐めてんだ!」

バシッバシッというするどい音を響かせ、小さな少女はその醜い獣に鞭を振るう。

男が大人しくなると、再び猿ぐつわをはめ、今度はこちらへ振り向いた。

「ふふ、新しく入ってきた”牛”は、なんだか元気がないなあ~?」

……まずい!

早く逃げないと……

だが、身体が動かない……!

……動かせない?

俺は自分の身体を見下ろし、やっと気付いた。

巨大な、化け物のような玉袋が地面にだらしなく垂れている。

腕や足には拘束具、みじめに鎖で宙吊りの状態。

……俺も、隣の”牛”と同じだ……!


「さあ、まずははじめての”乳搾り”の時間ですね~」

しゅるしゅるっ……

チューブの降りる音がする。

「大丈夫ですよ~最初は怖いかもしれないけど、痛くないですからね~」

微笑みながら長髪の女が俺の尻を撫でる。

ぎゅぽっ……!

ペニスに吸いつく強烈な感覚……

「おいしい精液、たくさん出してくださいね!牛さん」

ぎゅぼ!ぎゅぼぼぼぼぼっ!!

「んっ……がああああああああああああ!!!!」

のど元が張り裂けんばかりに、身を狂わせんばかりの猛烈な快感と、

眼前に迫る闇に向かい……

俺はただ、むせび泣いた。


―――俺はこうして、人の列から抜けた。





人間牧場END


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

doskoinpo

Author:doskoinpo
イラスト等ブログ内のコンテンツの無断転載はご遠慮下さいませ。

リンクフリーです。
pixivでも似たようなことしてます。

バナー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。